千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ


ユーカリが丘線2地区センター駅

ユーカリが丘線2駅目は地区センター駅です。非常に狭いホームです。
IMGP6931.jpg
見晴らしはいいです。
IMGP6937.jpg
IMGP6945.jpg
高層マンション群はすぐ近くです。
IMGP6962.jpg
風呂やプールなどの遊興私設アクアユーカリです。
IMGP6974.jpg
階段を下りて
IMGP6980.jpg
外に出てみました。アーケードの商店街です。
IMGP6993.jpg
まだユーカリが丘駅の続きといった感じです。
IMGP6991_.jpg
次の駅へ向かいます。
IMGP7041.jpg
次は公園駅です。

[タグ未指定]
2020 [ 2017/07/17 01:34 ] 千葉県ローカル鉄道 | TB(0) | コメント(0)

ユーカリが丘線1ユーカリが丘駅

ユーカリが丘駅です。がらーんとした駅構内です。
IMGP6633.jpg
IMGP6679.jpg
顔出し看板がありました。
IMGP6670.jpg
今回は一日乗り放題券を買ったので、ここの駅の外は後で見ることにしました。
IMGP6690_.jpg
なかなかいいロケーションです。
IMGP6647.jpg
IMGP6644.jpg
こあら1号です。
IMGP6606.jpg
IMGP6617.jpg
写真を撮って、電車に乗り込み次の駅に向かいます。

[タグ未指定]
2019 [ 2017/07/13 06:58 ] 千葉県ローカル鉄道 | TB(0) | コメント(0)

ユーカリが丘線 序章3車内

前回ににはこれから一駅ずつ載せると言いましたが、どうも車内だけを一回やったほうがまとまりがよさそうなので追加です。
IMGP6883.jpg
車内はこんな感じです。幅がとても狭く、正面の人との目のやり場に困りました。そんな訳で一人で乗っている人の9割はスマホをいじっていた気がします。そんな私目は一日乗り放題券を買って、初めて乗るユーカリが丘線です。電話なんかいじっている暇はありません。景色、駅舎など見たいものだらけです。でも前にいる人が気になる・・・でおとなしくしてました。
IMGP6876.jpg
それにしても驚いたのが、揺れがすごい事です。タイヤで走るのだから、そんなに揺れないように思いましたが、検討はずれでした。バスのほうが揺れは少ないですね。
IMGP6920_.jpg
IMGP6926.jpg
運転室です。
IMGP6913.jpg
速度メーターは最高80kmまでありました。
IMGP6897.jpg
この路線は1982年(昭和57年)の開業以来2014年(平成26年)現在まで人身事故などの運行障害の発生が皆無であり、無事故運転を継続している。のだそうで安全性は完璧ですね。
本当に次回から一駅ずつ載せていきます。

[タグ未指定]
2018 [ 2017/07/09 22:04 ] 千葉県ローカル鉄道 | TB(0) | コメント(0)

ユーカリが丘線 序章2構造

ユーカリが丘線女子大駅に整備工場がありましたので、新交通システムなるものは何なのかちょっと触れます。
まずはこの線は、第三セクターを除く純民間企業経営のAGTとしては日本初の事例であり、2013年(平成25年)時点でも日本における純民間資本によるAGTはこの路線と西武鉄道山口線の2路線しか存在していない。ただし、西武鉄道は普通鉄道も運営しているためAGTのみを運営する純民間の交通事業者の路線はここだけになる。(wikiより引用)
純民間の鉄道は実質ここだけって事ですね。そしてAGTを新交通システムと呼ぶらしいです。そのAGTとは、小型軽量車両が自動運転により専用軌道上の案内軌条に従ってゴムタイヤで走行する中量軌道輸送システムの一種である。
との事で簡単に言うとゴムタイヤで走る鉄道なのだと理解しました。
この線をモノレールだと思っている人がおおいですが、似てはいるけどちょっと違うようです。

構造を知るのに好都合の場所でした。
IMGP7398.jpg
ゴムタイヤが沢山ついています。
IMGP7393.jpg
そこに車体が乗るわけですね。
IMGP7383_.jpg
IMGP7412.jpg
この細いレールの上をタイヤで走るのですが、レールには溝も無く、これではタイヤが脱輪しそうです。ですが真ん中のレールが支えいるから大丈夫なのでしょう。
IMGP7345.jpg
次回から一駅ずつ載せていきます。いつものローカル線は車で行って各駅を写している事が多いですけど、今回は一日乗車券を買って乗ってみました。
乞うご期待!!と言っても誰も期待していないリアルな現実・・・・。もう気にしない。とうそぶく梅雨の夜です。

[タグ未指定]
2017 [ 2017/07/04 00:21 ] 千葉県ローカル鉄道 | TB(0) | コメント(0)

ユーカリが丘線 序章1

山万ユーカリが丘線をまとめ出しします。今回の写真は全て2015年のものです。当時の回顧から話をします。
2009年の千葉モノレール、銚子鉄道 2010年は流鉄流山線 2011年久留里線 2012年いすみ鉄道 2013年芝山鉄道 2014年小港鉄道と以前の私は何故か夏になるとローカル線に行っていました。これでほぼ千葉県のローカル線は行ったつもりだったのですけど、より個性的な線が残っていました。それがこのユーカリが丘線です。山万と言う不動産会社が運営する電車です。
新交通システムと言うことはなんとなく見聞きしていましたが、何が新システムなのか分からないので、この機会に実際に乗ってみようと思いました。
そしてまずは宮の杜公園の駐車場に車を止めさせてもらって、ロータリーがあるほうへ歩きました。マックスバリューがあります。
IMGP9975_.jpg
そして線路の上の橋を渡り、住宅街のほうに駅入り口があります。
IMGP9992.jpg
駅名は中学校駅とシンプルです。それにしてもどうしてシャッターが閉まっているのだろ??
IMGP0021.jpg
なんだこれは!!の只今、代替バス 運行中の文字が・・・。ただでさえ暑い夏は苦手だと言うのに、この時は本当にめまいがしました。
IMGP0009.jpg
ちょっと見えないですが、7月27日~8月8日まで線路設備補修工事に従う代行バス運行と書かれています。これにはびっくりしました。10日以上も運行休止なんですね。でもあがいても仕方ないので出直します。
IMGP0015.jpg
そしてこの年は8月半ばから約一ヶ月間雨が降り続けた気がします。厳密に言えば降らない日はあったかもしれませんが、晴れの日はなかった記憶があります。
そうこうしているうちに9月半ばから紀伊半島までの長旅に行って、ユーカリが丘線に再び行ったのが9月の後半です。そしていつの間にか夏のローカル線の旅は時期を逸してしまい、埋もれてしまいました。しかしこの機会にユーカリが丘線を一通り載せてしまおうと思います。
次回、もう一回この線の説明を簡単にしてから、各駅停車で載せていきます。

[タグ未指定]
2016 [ 2017/07/02 05:03 ] 千葉県ローカル鉄道 | TB(0) | コメント(0)
カテゴリ