千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ

蚊取りの夏、香取の夏13側高神社

 悪天候でも無理やり行った香取市もここが極めです。この日は雨です。
356号線を走っているといつも気になるのが側高神社(そばたか)の看板です。道路から絶壁のようになっていて、この先には何があるのだろう?と私の冒険心がそそってきていたのですけど後回しになっていました。この機会には行きたい神社でした。場所は香取市大倉で佐原paの近くです。
山道を上がって行けば静かな森の中にありました。

この神社は香取神宮の第一の摂社との事です。摂社とは私の解釈では子分です。創建は香取神宮と同じく紀元前500年以上前だそうですけど今から2500年以上前にこの地に神社があったのか?と深く考えても分からないので止めましょう。

新旧の狛犬です。

本殿は千葉県指定有形文化財です。

境内には神木千年杉がありました。成田の麻賀多神社の大杉には少し負けますが、大きい杉でした。


四個の甕の由来なる看板があり、読んでみると、

この四つの甕が四季を表わしていて、貯まった水の量がその年の雨量を占うそうです。

天気予報では曇りなのに、かなり激しく降っていた雨です。いつもならイライラするのですけど、この日に限り雨でもちゃんと撮れるのだろうか?と頑張ってみました。森は暗くなり、それなのに空は以外に明るくと非常に悪い条件です。その割にはうまく撮れたような気がします。やはり写真家としては悪い条件でもそれなりに撮れなければならない。などと法螺を吹きたくなる酔い加減でした。
それでも苦しい写真なんですけどね。良い条件で楽に撮りたいものです。

関連記事
スポンサーサイト




[タグ未指定]
843 [ 2011/09/07 02:55 ] 香取 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ