千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ


一眼レフ単焦点レンズの話。

 初めての一眼レフキャノンeoskissx3を買っうにあたって、単焦点レンズも合わせて買ってみました。簡単に言うと、ズームしないで焦点が固定されたものですね。コンパクトデジカメが慣れた身からすると、そんなの不便なのでは?と思ったのですが、画質はとてもいいらしいので一番安くて写りもいいらしい50mf1.8を買いました。

がしかし!標準ズームレンズであれこれいじっていて気が付かなかったのですが、よくみると50mf1.8の箱に収まらないレンズが入っていました、面倒なのでそのままにしていました。一週間も過ぎた頃、やっと気がつきました。入っていたレンズは28mf2.8と全く別のもの。何でなんだ!と憤りを感じますが、買った時の事を思い出すと、これとこれでいくらなら今買う、みたいな話だったので
50mf1.8がその時に在庫切れで苦肉の策で28mf2.8を無理やり入れたのだと思います。店員さんも大変だ。などと言っている場合ではありません。だめじゃないか!ヤマダ電機!
でも返品とか本当に苦手です。そしてこのレンズはいくらするのだろうと調べてみれば、倍の値段がしました。それならこれでいいや。となるのが私です。
それにしても単焦点レンズってズームレンズよりも良く写るんですね。色はもちろんの事、パソコンで拡大しても細部までシャープに写っていました。




そして取り合えずの落ちをつけます。このレンズは一カ月後に壊れました。それも撮っているときに異音がして完全にピントが合わなくなりました。箱に入っている保証書は50mf1.8のものです。今更ヤマダ電機に文句を言っても、もうどうにもなりません。これを治すには有償修理です。なにかもう面倒になりました。それならばこのレンズはただのゴミになります。しかしただし捨てるのは惜しいので、分解してみました。
それにしても予想以上に細かい部品が詰まっていました。これは精密機械です。
って何をやっているのでしょうか。

あと二回カメラの話をします。千葉県からは離れた話ですね。
関連記事
スポンサーサイト

[タグ未指定]
825 [ 2011/08/24 03:11 ] 未分類 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
カテゴリ