千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ

桜の一日9 市原の里

 これから二回はあまり有名どころではないけど、個人的に気になっているのに行ってない場所をこの機会に行った場所になります。国道297号線大多喜街道山木三差路の近くです。


大多喜街道は何度も通っているのですが、いつもこの地味な看板が気になっていました。市原の里と書いてありました。今回はちゃんと車を止めて見ているので小さい字も読めました。万葉集更級日記ゆかりの地と書いてあります。ここは万葉集でも歌われているそうです。そして更級日記では市原が日記のはじまりだそうです。

この向かいには薬師堂御手洗井戸と忍丹波守の居城跡の看板と井戸跡らしいものがあります。ここは光善寺薬師堂の井戸で忍丹波守とは里見氏の家臣で市原城主だそうです。

色々と歴史がある割には光善寺はさびれていました。

ここが市原城跡のようです。

なんとも地味な今回ですが、興味深い場所でした。
さて桜の一日もあと一回です。
関連記事
スポンサーサイト




[タグ未指定]
721 [ 2011/04/17 08:24 ] 市原 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ