千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ


千葉県ローカル線流鉄 流山駅

 まずは流鉄流山線基礎知識
 みりん産業がある流山市中心部とJR常磐線の馬橋駅を結ぶ。接続するJR常磐線の複々線区間とは対照的に、2両または3両編成の電車が走行する郊外の単線鉄道である
路線距離(営業キロ):5.7km 
6駅(起終点駅含む) 複線区間:なし(全線単線)電化区間:全線(直流1500V) 閉塞方式:自動閉塞式 とこんなです。

昨年の夏に銚子電鉄と千葉都市モノレールを一駅ずつ見まして、今回は流鉄です。ローカル鉄道の旅を夏の恒例にしていきたいです。
始発駅?の流山駅です。ほどよい古さは東武線の駅っぽいです。

してみるとなんてことはないホーム。

電車が来ました。これ以上進むと危険です。

それぞれ名前がついているようです。流馬です。

思ったよりも本数が出ていると思いましたが、ラッシュ時と閑散時の本数の差があまりありません。

流山がみりんの産地と知っていましたが、本みりんのマンジョウが流山の会社とは知りませんでした。そしてマンジョウがキッコーマンだったとは、これまた知りませんでした。

特徴のない駅前。

唯一気になったのは近藤勇、土方歳三離別の地の看板です。その新撰組流山本陣跡は近くにあったので見てきましたが、別の機会で載せます。

こんな感じで流鉄流山線各駅下車スタートです。
関連記事
スポンサーサイト

[タグ未指定]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
カテゴリ