千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ

市原八幡宿駅

 なんとなくjr内房線八幡宿駅です。ことし2010年の真冬に行った時のものです。この駅名ですと古い宿場町の名残があるかなと寄り道してみました。ネットで八幡宿で調べてみると、中仙道と市川八幡宿は出てきますが、ここは探せなかったです。大多喜街道の宿場町のようではあります。

駅はこんな感じです。

駅前です。

古い建物も健在でした。


歩道橋の上からです。なんと特色の無い、地味な場所でありましょうか。

印象に残らなかった八幡宿でも写真は残っていて、それなら載せてしまおうの魂胆です。
関連記事
スポンサーサイト




[タグ未指定]
466 [ 2010/07/11 23:29 ] 市原 | TB(0) | コメント(1)
No title
昔は、小湊鐵道は八幡宿に入る予定だったんですよね。当時は、八幡が市原の中心地で、上総の国の総社である飯香岡八幡宮の門前町として八幡から市原周囲に掛けて上総国内でも最も古い歴史のある地域なんだそうです。

小湊鐵道を八幡に引き入れると、観光客が鉄道で通過していってしまうから宿泊業が儲からない、八幡の町も衰退してしまうと反対があり、結局五井に小湊鐵道が入ることになったと聞きました。

五井の町は、新しい町で歴史的にも江戸時代後期の万治年間に開けてきた町です。奈良時代・平安時代にさかのぼり、室町時代に繁栄した八幡に比べて本当に小さな村だったそうです。

今の繁栄が嘘のようですね。鉄道という交通は本当に大きな力を持っていますね。
[ 2011/09/09 16:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ