千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ

国指定史跡。上総国分尼寺跡2

 下から続きます。
国分寺(こくぶんじ)、国分尼寺(こくぶんにじ)は、741年(天平13年)、聖武天皇が国情不安を鎮撫するため、各国に建立を命じた寺院。寺格の一つともいえる。正式名称は、国分寺が金光明四天王護国之寺(こんこうみょうしてんのうごこくのてら)、国分尼寺が法華滅罪之寺(ほっけめつざいのてら)である。だそうで各国に国分寺と国分尼寺が一つずつあったようです。となると国分寺の存在は?と気になり調べてみたところ、この近所の惣者にあるようです。千葉県の三国では上総がここで、下総が市川市で安房は館山です。三つとも真言宗の寺みたいです。

中国の宮廷みたいですが、私の写真ではうまく伝わりません。

復元は原寸大だそうで奈良の法華寺に匹敵するもので現在確認されている国分尼寺では、全国最大のものなんだそうです。これは納得しました。

中央にある黄金の塔。こう言うのを何と言うのかわかりません。柱に法花寺と書いてありました。

ただの砂利道かと思えば全部史跡でした。全て復元したらそれは見事になりますね。

敷地内に隔離?されている神社。名称不明。

偶然のちょっとの寄り道ですごく得をした気分になりました。
関連記事
スポンサーサイト




[タグ未指定]
334 [ 2010/03/05 00:14 ] 市原 | TB(0) | コメント(1)
No title
この神社は、牛頭天王社(ごずてんのうしゃ)という神社です。牛頭天王社は今で言う「八坂神社」の前身です。

八坂神社の本場は京都の八坂神社ですが、その周囲は祇園という町ですよね。ここの国分尼寺の牛頭天王社の周辺の地名は、かつて祇園原と言いました。

歴史って面白いですね。
[ 2011/09/09 16:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ