千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ

勝浦市荒川 六ツ雁滝2

前回からの続きです。滝を前から見たくて遠回りで
_IGP5863.jpg
なんとか降りれそうな場所がありました。看板の自然水利とは意味は分かりませんけど、房総の滝をあちこち見ていた時に、この看板があると滝がある事が多かったです。その意味で嬉しくなる文字となります。
_IGP5507.jpg
とは言え見せる滝にはなってはいないので、下まで行ける場所を探します。
_IGP5513.jpg
すると笹の藪の一部に切れ目がありました。
_IGP5531_.jpg
写真で見るよりも歩きずらかった記憶があります。
_IGP5544.jpg
下におりました。まず下流部分です。
_IGP5582.jpg
しかしこの場所からでは滝の全容は見えません。
_IGP5560.jpg
ぐずぐすの泥と水の流れを跨いで、
_IGP5568_.jpg
ようやくちゃんと見える場所に来ました。
_IGP5620.jpg
この時に思った事は、やはり望遠レンズって便利です。一時期単焦点レンズをよく使っていたことがありますが、この様な場所では全く使い物になりません。もちろん単焦点のほうがここ一点では写りがいいのでしょうけど、私の用途では望遠レンズしかありません。
_IGP5621.jpg
_IGP5651.jpg
でも滝の写真って、これで結構難しいです。isoを上げて、シャッタースピードを速くして水の動きを止めて写そうとした写真なのですけど、後で見るとiso1600と普段であれば絶対使わない感度で等倍で見れば荒れた画像です。このうす暗い中で水の動きを止めようとするなら劣化は承知の上でisoを上げるしかないです。
_IGP5637.jpg
変わって滝の写真ではよく見る糸が引いたような撮り方をしました。iso100でシャッタースピードは0.5秒です。元画像は荒れていないのでこれで良しとしたいような気がしますけど、これはこれで実際はこうじゃ無いだろ・・・などと思います。そして結局のところは、もうこれでいいだろ。この時はこの時で真剣に撮って、これが自分の腕のすべてなのだと悟りました。
_IGP5644.jpg
なんか話が違う方向に行きましたが、六ツ雁滝からでした。
関連記事
スポンサーサイト




[タグ未指定]
2293 [ 2020/12/04 21:44 ] 勝浦 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ