千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ

成田市公津原古墳群 私的話22号~24号墳

前回まで1号墳から16号墳まで順番に載せてきましたが、今回は17号から21号を飛ばして22号墳からをやります。前回にこの先は小学校内にあると知り、どうしようかと迷いまよいました。でも校庭の古墳は後に置いておいて、せっかくここまで来たのだからもう少し撮っておこうと思いました。普通はこのようなブログでは順番に載せるのでしょうが、これは私個人のブログで、先手を打って??私的話としたのでこの載せ方が今回は正鵠を得ているような気がします。
前置きが長くなりました。
ここは玉造です。
IMGP9642.jpg
ちょっとした古墳広場のようになっています。
IMGP9808_.jpg
IMGP9782_3.jpg
22号墳 円墳 全長8メートル全高1.5メートル
IMGP9654.jpg
23号墳 方墳 全長18メートル全高2.5メートル ここの三つの古墳の中ではこれがメインのようです。
IMGP9662.jpg
周囲は溝が掘られていて古墳っぽいです。ですが古墳自体は随分と荒れています。
IMGP9660.jpg
24号墳 方墳 全長11メートル全高2メートル
IMGP9694_.jpg
ミニマム富士山みたいだと思いましたが、方墳のようです。方墳とは思わなかったですけど看板がそうなっているので、よく見れば四角いのでしょう。
IMGP9697.jpg
砂の盛り上がりならば古墳にしてしまう??公津原古墳群の中でここは古墳の看板が立っていないのが不思議でした。
IMGP9719_.jpg
ちゃんと調べているはずですから、ここは古墳とは認定されなかったのですね。
IMGP9723_.jpg
そして気になるは、この木立です。深い森とは違いますが木は大きくて、すでに暗い時間では暗黒の中に入っていくようなって、ちょっと大袈裟ですね。
IMGP9733.jpg
石碑がありました。
IMGP9752.jpg
正面は風化していて実態は分からなくなっていますが、側面には大正九年とか書かれているようで、勝手な想像よりも新しいものでした。
IMGP9769.jpg
まだまだ先は長い公津原古墳群です。この後に色々あったのですが、それを全て書いていいものか迷います。
関連記事
スポンサーサイト




[タグ未指定]
2260 [ 2020/07/04 19:48 ] 成田 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ