千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ

岐阜なのに安房峠

岐阜県高山市です。写りが悪いのは車の中から撮ったからです。
IMGP5291_.jpg
国道158号線と言う名の峠道を楽しく走っていたところ、こんな看板があったので、車をおりてみました。平湯ダケカンバ林木遺伝資源保存林と書いてあります。平湯とは地名です。しかしダケカンバとはなんですか??って事で調べてみれば、シラカンバ(シラカバ、白樺)とよく似ているが、シラカンバよりも更に高い高度に分布する。そうです。
IMGP5319_.jpg
それよりも今回は隣にあるこの看板に注目です。
IMGP5299.jpg
安房峠です。なぜここに安房がある?? 安房と言えばかつて千葉県にあった国で、房総半島の南端にあたります。また調べます。日蓮が修行のためこの峠を越えたとき、自らの出身地である安房国より命名したと伝えられる。そうで、日蓮さん、ここと千葉県の安房では随分違うような気がしますけど・・・。そして千葉県の安房が本家だと思うと、ちょっと嬉しかったり・・・・。でも本当の本家は四国の阿波国なんですよね。
IMGP5305.jpg
この場所は標高1780mです。千葉県からすると、とてつもなく高い場所です。鹿野山の高さでびびっている私には過ぎたる場所ですね。
IMGP5326.jpg
2018年の夏の終わりに避暑をかねて、埼玉、群馬、長野を通り、飛騨の高山へ行きました。避暑と行っても、ほとんどが車の移動です。でも確かに涼しいですね。そして夜には寒い位でした。2泊で高速道路を使わない強行軍でしたが、そのどちらも標高1500m以上の場所で車中泊でした。そして驚いた事と言えば、旅の疲れを癒そうと酒を飲めば、いつもより゜飲めない!! 半分位でもうだめです。飛行機での飲酒は凄く酔うのは知っていましたが、1500mとか2000mでも影響があるのは、いつも低い千葉県をのたくっている自分には想像がつきませんでした。非常食用??のカレーパンの袋がパンパンになっていたのも驚きでした。さすがに他県の山は違います。

これでカテゴリー岐阜県追加です。あと行ったのに載せていないのは、富山県と石川県です。岐阜県よりも前に行っています。それなのにどうして載せていないかと言えば、あまりに出来が悪いからであります。いいわけするならば、天気が悪かったですけど、そんなに簡単に行ける場所ではないです。いずれは恥をしのんで載せようかと思います。
関連記事
スポンサーサイト




[タグ未指定]
2175 [ 2019/06/02 00:52 ] 岐阜県 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ