千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ


流山市最古の神社らしい香取大神宮

流山市小屋(と言う地名)の流山街道から江戸川のほうに進むと、ながれやま文学の散歩道の案内看板と
IMGP4136.jpg
休憩所があります。
IMGP4148.jpg
その奥に香取大神宮があります。地図で見ると香取神社となってますが、鳥居には香取大神宮と書いてあったのでここではそのように書きます。
鳥居の前には大きい杉の切株があります。
IMGP4127.jpg
中から見ると鳥居をふさぐ場所にあります。
IMGP4268.jpg
中に入ります。
IMGP4174.jpg
この門の左右に
IMGP4182.jpg
矢大神、左大神の石像がありますが、
IMGP4189.jpg
今となってはどっちが右か左か分からなくなりました。ほとんど同じ像のようですが、下のは髭が生えています。
IMGP4197.jpg
IMGP4217.jpg
この社殿は流山で一番古いそうです。しかしいつの時代の物かはちょっと調べましたが不明です。
IMGP4258.jpg
IMGP4235.jpg
この神社自体の創建は称徳天皇の時代764~770年だそうで、1200年以上も前からある神社ですね。
そしてかつては桐明神だったのを、江戸時代に香取大明神と改めたそうです。
古くから武運の神として信仰され、1180年に石橋山の合戦に敗れて市川の国府台まで来た源頼朝が家臣に祈願させたり、1189年の奥州征伐の時も家臣に命じて祈願している。なのだそうです。
関連記事
スポンサーサイト

[タグ未指定]
1843 [ 2015/06/07 23:58 ] 流山 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
カテゴリ