千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ


伝説酒の井

酒々井の地名の元になった場所です。
_IGP6830.jpg
_IGP6836.jpg
この看板を全部書くのは手間なので酒々井市のhpから。
『昔むかし、印旛沼の近くの村に年老いた父親と孝行息子が住んでおった。父親はたいそう酒好きでな、親思いの息子は毎日一生懸命働いて父親に酒を買っていたんじゃ。ところがある日、どうしても酒を買う金がつくれずに、とぼとぼと歩いて家に帰ろうとしていた。その時、道端の井戸から何とも良い香りが「ぷうん」としてきた。井戸の水をくんでなめてみると、それは本物の酒だったんじゃ。さっそく帰って父親に飲ませると、「こりゃうまい酒だ。ありがたい、ありがたい」とたいそう喜んだ。息子はそれから毎日、毎日井戸から酒をくんで飲ませたんじゃ。ところがこの酒は、親子以外の人が飲むと、ただの水になってしまうんじゃな。「きっと、孝行息子の真心が天に通じたに違いない」とみんながほめたたえた。この酒の話しが広まり、村もいつか「酒々井」と呼ばれるようになったということじゃ。』
_IGP6854.jpg
_IGP6886.jpg
_IGP6859.jpg
これが酒の井戸です。
_IGP6882.jpg
_IGP6868.jpg
_IGP6878.jpg
スイッチを押すと音声とともに、水が出てきました。これが酒だったら私には夢の井戸です。
_IGP6865.jpg
毎日飲んで、ブログ名に二日酔いと入れているので、ここは載せねばならないと、古い写真を引っ張り出してきました。
関連記事
スポンサーサイト

[タグ未指定]
1615 [ 2014/05/06 01:17 ] 印旛郡酒々井町 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
カテゴリ