千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ


木更津港を歩いた3鳥居崎海浜公園

前回はまごころ広場としましたが、それは鳥居崎海浜公園内の広場の名前です。今回はこの公園の他の部分を載せます。
公園の対岸に何かが見えました。
_IGP2407.jpg
変わった建物です。木更津市公設市場だと思います。
_IGP2415.jpg
海沿いらしく松の多い公園です。
_IGP2418.jpg
すると、
_IGP2325.jpg
見染の松とあります。歌舞伎狂言与話情浮名横節の主人公のお富と与三郎が、この場で見染て以来ここに来ては逢瀬を楽しみ、ここの松に袖を掛けてはかない恋を語ったそうです。その松は枯れてしまって、再現したそうですが
_IGP2326.jpg
松は沢山あってどの松を指すのか分かりません。
_IGP2380.jpg
その傍らに木更津港築港の碑があります。
_IGP2344.jpg
その中に木更津港の基礎石の碑と書かれたものがありましたので、読んでみると昭和七年の起港式の時に沈めた基礎石が、五十余年後に発見されたそうです。
_IGP2334.jpg
これがその基礎石です。
_IGP2340.jpg
最後にこのお店で鳥居崎公園を終わります。海の家っぽくてなんとも雰囲気のあるお店です。誰もお客さんがいなくて、遠慮してしまいましたが、行っておけばよかったです。
_IGP2362.jpg
さて鳥居崎公園の名前の通りに、この公園には鳥居があるのですけど、鳥居の下にはカブに跨ったまま思いを馳せる営業マンがいて、あまりに沈んだ顔していまして、近づけなかったです。何かとんでもないミスをしたのでありましょうか、引き返して鳥居の写真を撮りに行けば、まで悩んでいたので諦めました。
ここは地味に見どころの多い公園でした。
関連記事
スポンサーサイト

[タグ未指定]
1550 [ 2014/01/27 00:15 ] 木更津 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
カテゴリ