千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ

多古町を歩いた3木内家

前回のわぁーかーちぃーとから歩を進めれば突き当りにこんな家がありました。有形文化財の木内家です。
 昭和初期(昭和4-6年)に建てられた米穀商木内家は、町中で県道が四方へ分岐する要地にあります。道路に面した店舗から、倉庫(蔵)、住宅と奥に続く町屋建築で、米俵を火災などから守るため、壁面は大谷石積みの堅固な造り。この地域の近代商家建築の展開をよく示しています。寄棟造総2階建て、石積みの外観をもつ住宅は外開きガラス窓の洋風デザインです。
平成11年、登録有形文化財となりました。
なのだそうです。

地味な正面とは違って横は石の作りがモダンだと思いました。

多古町も二桁更新となり目標達成ですが、あと四回は多古町歩きをやります。
関連記事
スポンサーサイト




[タグ未指定]
1453 [ 2013/09/13 23:07 ] 香取郡多古町 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ