千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ


船橋海神 念仏堂

 船橋の国道14号線の総武線が下に通る場所に

念仏堂があります。

ここは時代が止まった感がありました。

これが念仏堂です。

同じ敷地内には観音堂があります。案内看板によりますと、元禄14年に神田鍋町の高麗屋佐次右衛門の寄進だそうです。この方は名前の通りに豊富秀吉の朝鮮出兵のさいに加藤清正に連行された者の子孫だそうです。元禄元年に念仏堂にい念仏に明け暮れる了故房と言う修行者がいて、素晴らしい念仏であったそうです。ある日ここを通った高麗屋も念仏を聞いて感激のあまり観音堂を建立寄進したそうです。

観音堂の前には道標があります。左行とくみち、右いち川みちとかいてあります。

船橋市で最古の道標であります。

付近には石仏が多くありました。

一般のお墓にまじって、筑州人の墓があります。

戊辰戦争で船橋でも戦いがあり、福岡藩の小室さんが旧幕府軍方に惨殺されました。千葉県は殉国の志を哀れみ墓碑を建立したそうです。このお墓は千葉県が建てたものですね。

いやはや、この手の説明文を書かなくてはならないものはどうしても載せるのが後回しになってしまいます。随分省略してますが、ちゃんと書こうとするともっとスペースも時間も必要になります。そのようにして、載せるのに手間がかかる写真がおきざりになっていきます。
関連記事
スポンサーサイト

[タグ未指定]
1449 [ 2013/09/08 23:34 ] 船橋 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
カテゴリ