千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ


安房国分寺跡

 館山市国分の安房国分寺です。国分寺とは741年(天平13年)に聖武天皇が仏教による国家鎮護のため、当時の日本の各国に建立を命じた寺院。で一国に一つあります。千葉県はもとは下総国、上総国、安房国と三国だったので、市川市国分、市原市惣社とここ館山市国分にあります。縁の地は以前にも載せていますので良かったら見てください。市川 市原 どっちも国分尼寺ですけど。国分尼寺とは聖武天皇の勅願により、国分寺とともに国ごとに建立された尼寺。奈良の法華寺を総国分尼寺とする。そして国分尼寺には尼寺には尼僧10人を置くことも定められた。そうです。

なんと書いてあるのかよく分かりません。

本堂です。

撮ったのは2012年の桜の咲く前で、まだ梅の季節です。

この空き地が国分寺金堂跡です。

三義民の墓もありました。三義民とは簡単に言うとこの地方の悪徳役人に立ち向かった名主3人の事で処刑されてしまいました。その三名のお墓です。


市川、市原と館山とも行きたくて行ったのではなくて、偶然にたどり着くのが私らしいところです。この時もどうした事か、国道128号線が渋滞していて、脇道に逃げたらここだった。という次第です。
関連記事
スポンサーサイト

[タグ未指定]
1439 [ 2013/08/26 06:36 ] 館山 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
カテゴリ