千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ

市原の工場

 ここは養老川臨海公園の前の工場です。

最近考えてみると写真が、特に夜のもの、もっと言えば工場の写真が下手になっています。それは白とびを怖がって暗く撮ったり、コントラストを弱めたり、キャノン機で言うと高輝度側・階調優先なるものを使って撮ることが多くなりました。これは白とびが少なくなる代わりにisoは200からのスタートになります。以前使っていたkissx3と比べるとx4は画素が300万増えた分、低感度のノイズが多くなった気がします。iso200でも画質の劣化は避けられません。それにすごく白とびが減るわけでもないのに、ただびびって使っているだけです。以前は何が何でも一番低いisoで撮って足りなければケーブルを持ち出してバルブで撮っていました。結果白とびはあっても自分なりに満足の写真が撮れた気がします。
とある場所で出合った名の有るプロ写真家の言葉を思い出します。光が強ければ白とびは当たり前だろ!!と強烈な言葉とは裏腹に何でも親身になって教えてくれる素晴らしい人格の方でした。この話はいつかじっくりしたいと思います。

写真を撮らずに、自分が撮ったものを後からじっくり見ている今だからこその感想です。反省点が分かったからには、次からはもっと自己満足度が高い写真を撮りたいです。

しっかし、たかが写真で何をそんなにむきになっているのか・・・。
それが私の性分です。どうでもいい事にむきになり、大事なことはめんどくさい。だめだこりゃ。です。
では次からはもっと気楽に行きます!

関連記事
スポンサーサイト




[タグ未指定]
1279 [ 2013/02/12 06:43 ] 市原 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ