千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ

印旛郡栄町安食大鷲神社

 前回の安食交差点の背面の丘には神社があります。大鷲神社です。

どうしても龍と言いたい栄町です。やばっ。また抗議を食らいそうです。

神社入り口のこの建物は今は何にも使われていないような感じです。地図で見たら栄町商工会館となっていました。移転?だとすると、どこに行ったのか。閉鎖?それともこの時は使われていないで、ある時期?になったら稼動するのか分かりませんが、なんにしろ想像力が掻き立てられる場所でした。

では大鷲神社の鳥居です。

この急な階段を登りました。

現存する本殿は凝宝珠金具の刻銘により天保2年(1831年)の造営とされ、栄町の有形文化財に指定されている。そうでかなり古いものです。そして江戸時代には徳川家光の乳母春日局の崇敬を受けた。家光がまだ竹千代といっていたころ当社に竹千代の出世を祈願し、三代将軍になると報恩のため、将軍の御座船天地丸の金色の鷲をもらいうけ献納した。古くから出世開運の神として尊崇を集めており、毎年12月の初酉の日から3日間の酉の市には福を願う多くの人々が訪れ大変な賑わいを見せる。(すべて出所はwikiより)なかなかに歴史と威厳を兼ね備えた神社です。


個人的にはこの社務所が印象に残っています。ここを潜って

階段を下ればこの神社の本性?が見えてきます。

その本性とは?次回乞ご期待です。って誰も期待してないのは重々分かっております。でもここは大人なら取り上げるべきだともう一回やります。
関連記事
スポンサーサイト




[タグ未指定]
1260 [ 2013/01/21 05:48 ] 印旛郡栄町 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ