千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ


ある爺さんとの話。

 先日人の居ない有名ではないけど、個人的に好きな場所で写真を撮っていた時の事です。よれよれのお爺ちゃんが、ニコンの高いカメラを持って隣に来ました。その割には頼りなく、一枚撮ると一休みです。しかも絞りも何もいじらずに、ただシャッターを押すだけです。この場面は自然と話をします。色々な話をしました。すると俺の自信作だと液晶画面を見せられました。覗き込めば見事な蕎麦の花です。私はどこで撮ったのですか?と聞きます。爺さんはただニヤニヤするだけです。なんでた?と訝しい顔をしていたら、これはうちのカレンダー撮ったんだよ。上手く撮れたよ。わっはっはーと爺。
やられた!してやったりの爺が憎らしくもあり、愛嬌もありで結局は私の負けですね。やるな爺さんと言った所です。こんなユーモアのある人は私は大好きです。
何か貼っておきます。

当然ですがカレンダーではなく、自分で撮ったものです。

今日は寒いのであえて夏の写真です。
関連記事
スポンサーサイト

[タグ未指定]
1213 [ 2012/12/02 05:32 ] 未分類 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
カテゴリ