千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ

安レンズ群

麦畑に菜の花です。酒々井で春に撮ったものです。カメラはkrでレンズはタムロンです。f11までしぼってもこのぼけぼけぶりなんですけど、肝心の菜の花にはピントはきています。現状メインで使っているシグマの最低のしぼりと同じくらいの写りをします。そしてこのぼけ具合が気に入らなくて今は使わなくなったレンズです。バックに余計なものが写り込んでしまおうが、実際にあるのだから写ってもいいです。なんかボケってごまかしに感じます。
 
次はシグマで同じf11です。場所は手賀沼近くです。シャープでメリハリがあります。同じカメラで同じ絞り値で随分と写りが違います。そして私はシグマのほうが好みです。

なのですがほんとにたまにゆるくボケた写真も撮ろうかなと思うときがあって、その場合タムロンでも使おうかとすると、大体置いてきてしまっています。
なんでこんな事を書いているのかと言うと、もう少しで来る秋の写真に思いをよせているからです。今年はどこに行って、どんな写真を撮ろうかと考えている次第です。
その秋?対策としてキャノンの短焦点レンズ50mm/f1.8を買いました。一万円のレンズなのにうつりは驚くほど良いと評判のレンズです。試しにそこらへんで使いましたが、開放ではなるほどすごいぼけますし、絞ればカリカリにもなるこれはコストパフォーマンスの高いレンズです。
しかしキャノン機は緑色がきれいに出ません。レンズを換えても緑色はくすんでいますので、これはキャノンの味付けってことですね。赤と青はきれいにでるのになんでだろ。と思います。夜の写真ではペンタックスやパナソニックには無い色気?の写真が撮れるので私には絶対必要なメーカーなんですけどね。そして50mmは外でも思ったよりも望遠で撮る対象が限られます。短焦点使いの人は足を使えっていいますが、これ以上下がれない場所も多いです。もうちょっと短い焦点距離のレンズを買おうか?と思いますが高いレンズを買うなら新しいカメラが欲しいです。でもお金もそんなにないし・・・。
そんな訳でやはり今年の秋はシグマにペンタkrがメインになりそうです。
一箇所これはいい写真が撮れそうだと目を付けている場所があります。車で側を通るだけなので実際に降りてカメラを構えないと本当にいい場所かは分かりませんけど。
こんな感じで紅葉の写真に思いを馳せる秋の夜長です。


関連記事
スポンサーサイト




[タグ未指定]
1176 [ 2012/10/14 23:29 ] 未分類 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ