千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ

いすみ市行川 夜泣き地蔵

いすみ市行川の国道465号線を車で走っていたところ、田んぼのふちに小さい祠がありました。ちょっと気になったので、立ち寄ってみました。もう暗い時間です。
_IGP9161.jpg
夜泣き地蔵と書いてあります。
_IGP9173_.jpg
夜泣き地蔵 行川と増田の境に丸木橋が架けられ夜泣き橋と言われていました。この橋のたもとに小さな祠があり、昔から小児が夜泣きして困るとこの祠に詣で、この小石をいただき小児の枕の下に入れると、夜泣きが治ると言い伝えられ、夜泣きが治ると、小石を二つにして返す習わしがある。そうです。
ここに川は無かったような気がしますので祠を移転したのかもしれません。
_IGP9176.jpg
_IGP9189.jpg
小石がありました。
_IGP9210.jpg
祠の中にお地蔵様はいませんでした。石碑がありましたが、なんと書いてあるのか私が撮った写真からははっきり分かりません。だからどんな場所でもちゃんと撮らなければいけないんだ。なにをやっているんだ。と自分に憤慨をします。
_IGP9195.jpg

それでは皆様方。秋の夜長どうお過ごしでしょうか。私はジンロマッコリを飲んでいます。これ美味いです。では~!!
スポンサーサイト




[タグ未指定]
2284 [ 2020/10/30 01:34 ] いすみ | TB(0) | コメント(0)

富津市絹横穴群

今年2020年2月の事、散々方々で写真を撮り終えて、最後に富津岬に行こうと思っていたところ、なにか謂れのありそうな穴を見つけました。入れそうな所を探せば、派出所横に空き地があり、看板がありました。でもここにどう登ればいい?
_IGP3288.jpg
でここから行きました。
_IGP3296.jpg
絹横穴群と書いてあります。絹とはここの地名です。横穴は簡単言えばお墓です。古墳に横穴を掘り墳墓としたのですが、古墳時代が終わり、古墳が造られなくなっても横穴だけは盛んに造られていて、特に県南では濃密に分布している。そうです。確かに房総半島南部は墳墓とは関係なくとも、よーく気にしてみれば穴だらけです。
_IGP3341_.jpg
では車から見えた横穴に行ってみましょう。しかし人様の畑を横切るのはあまりいい気分がしませんけどね・・・。
_IGP3482.jpg
側面に二つの穴がありましたが、浅いものです。
_IGP3358.jpg
道路側に大きい穴があります。
_IGP3494.jpg
_IGP3418.jpg
つる植物に覆われた表面よりも中から崩れていました。
_IGP3458_2.jpg
これは近い将来、穴は無くなってしまいますね。
_IGP3476.jpg
_IGP3414.jpg
_IGP3447.jpg
腰をかがめ穴に入ってみます。
_IGP3392.jpg
この時の願いは、コウモリが居ませんように。です。あの生物は本当に苦手です。写真を撮っている時には気が付かなくとも後でパソコンで見ると写っている時があってそれが気持ち悪いのなんのって・・。
すいません。話が大幅にずれていました。
_IGP3399.jpg
一番奥まで行きました。ここに土葬か埋葬か分かりませんが、人が埋められていたのですね。
_IGP3508_.jpg
この絹横穴群は2支群11基あるそうです。となると私が見たのはそのうちの一つの穴だけみたいです。

どれだけ行っても、知らない千葉県があります。知っていたら飽きます。飽きたらもう行かなくなります。そんな事で下調べを極力しない旅が好きなのであります。

[タグ未指定]
2283 [ 2020/10/25 23:03 ] 富津 | TB(0) | コメント(0)

松戸市千駄堀 土屋家長屋門

松戸市千駄堀の土屋家長屋門です。長屋門とは近世諸大名の城郭、陣屋、武家屋敷門として発生した形式で、江戸時代に多く建てられた。その後、長屋門は上級武士の住宅の表門の形式として広く利用されるようになっていった。更に明治以後は他の富農の家屋敷にも作られるようになった。そうで、文字通り門が長屋で家臣や使用人の居所だったようです。
_IGP8729_.jpg
読みつらいですが土屋家長屋門と書いてあります。これによって松戸市の市指定文化財と知った訳です。もしも文化財ではなくて完全な個人宅ならここに載せるは憚られるところです。
_IGP8754.jpg
それにしても立派な門です。
_IGP8786.jpg
門の中は人が生活していますので、入ってはいけません。
_IGP8793.jpg
門も塀も立派でした。
_IGP8765.jpg
_IGP8767.jpg
なんと言うのでありましょうか、松戸の千駄堀の中でも、この辺りは古い町並みの情緒が残っていて、いい所だと思いました。ただ車で通る道は狭いですけどね。
_IGP8763.jpg

次はどこをやろうか??あれもやってない、これもやってない・・・ってそろそろ隠していたものをやるべきかと思います。
そして隠したものを出しても、大した事は無かった!!と言うのがいつもの私の落ちですね。

[タグ未指定]
2282 [ 2020/10/20 06:22 ] 松戸 | TB(0) | コメント(0)

一人静かに悔し酒

さてこの回のタイトルの悔し酒とは何の事かと言えば、とうとうこの一年間にコメントが一つも無かったです。。。。
_MG_7417.jpg
これはブログを続けている身としては結構惨めです。需要が無いものは廃れていく・・・。要は面白くないのでしょう。これは認めたくないけど事実です。ここはやけ酒を飲むしかありません。
_MG_7421.jpg
酔ったついでに、夕焼けの砂浜を走る少年、君たちは森田健作か、このやろ。などと絡んでもいけませんね。
_MG_7420.jpg
そんなにつまらいですかねぇ。まっ酔った末の愚痴はここまでにします。たまには誰かコメント下さい(多分無いとおもいますが)
_MG_7443.jpg
今回の写真は館山の北条海岸からでした。

[タグ未指定]
2281 [ 2020/10/13 03:30 ] 館山 | TB(0) | コメント(4)

富里市久能 潮音寺

富里市久能の潮音寺です。創建は大同年間(806年~810年)との事で歴史のあるお寺です。かつては真言宗でしたが、日蓮宗に改宗し現在に至るそうです。
_IGP3563.jpg
_IGP3559.jpg
なかなか立派なお寺でした。
_IGP3628.jpg
_IGP3646.jpg
_IGP3667_.jpg
龍が見事です。
_IGP3660.jpg
_IGP3685_.jpg
ここはぼけ封じ関東33観音霊場 第一番札所です。さすが歴史の長いお寺なんだなと思っていたら、関東33観音霊場とは平成元年(1989年)に始まった新しい霊場でした。
_IGP3600.jpg
_IGP3682_.jpg
以上富里市の潮音寺からでした。

気が付けば第三のビールが値上げをしていました。とは言えいつも買っている店では一本10円の値上げでした。それ位ならいいです。それよりもまだ安い気がします。大人の嗜好品は高くて当然だと思います。高くとも止めないからこそ江戸っ子の心意気なのでありますって、お江戸とは関係ないのに抜かしてみたい秋の夜でした。

[タグ未指定]
2280 [ 2020/10/09 00:30 ] 富里 | TB(0) | コメント(0)
カテゴリ
月別アーカイブ