千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ

九十九里町不動堂 不動明王神社

山武郡九十九里町不動堂にある、不動明王神社をやります。場所は真亀川の横にあります。
IMGP3421.jpg
ここの地名の不動堂とは、この不動明王神社から来ているのかは不明です。
IMGP3497.jpg
この時は日差しの弱い冬の夕方です。
IMGP3514.jpg
IMGP3483.jpg
神社のはずですけど、鳥居は無かった気がします。
IMGP3449_2.jpg
ここで印象に残ったのはこの狛犬です。後ろにあるものは言わば普通なのですけど、前のはコンクリート製で手作り感があり
IMGP3463.jpg
まるでゆるキャラかのような愛嬌がありました。
IMGP3467.jpg
IMGP3473.jpg
以上九十九里町からでした。
それではまたです。
スポンサーサイト




[タグ未指定]
2273 [ 2020/08/30 07:59 ] 山武郡九十九里町 | TB(0) | コメント(0)

南房総市根本の洲

南房総市根本に洲になった場所があります。調べてみればこの先には御神根島と言う岩があるようです。
_IGP7622.jpg
しかしこの時は旅の道すがら、いいロケーションだと思って撮ったので御神根島は知りませんです。
_IGP7615.jpg
そしてここは随分前に載せていました。でもそんな事は気にしません。好きな場所は何回も行くし、何回も載せますです。
_IGP7619.jpg
とにかく前回までの成田市の古墳が不相応に気合が入りすぎた気がしますので、今回は気楽に海の写真です。


[タグ未指定]
2272 [ 2020/08/26 06:36 ] 南房総 | TB(0) | コメント(0)

成田市公津原古墳群 私的話八代玉作遺跡

成田市公津原古墳群は39号墳で終わりだと思いますが、この地図を見ると、古墳群に隣接して八代玉作遺跡があります。なんでここは古墳ではないのだろ??よくわからなければ行くしかありません。
IMGP9967.jpg
車のナビを頼りにしてここに到着しました。これを古墳とするなら結構大きいです。
IMGP2395.jpg
遊歩道のようになっています。
IMGP2384_3.jpg
IMGP2390_.jpg
IMGP2300.jpg
一番上には木が一本。
IMGP2330.jpg
IMGP2334_.jpg
それとこの遺跡の説明書きがありました。それによると~この遺跡は、東日本で初めて発見された玉造遺跡です。玉造遺跡とは、古代において装身具または祭祀用に用いられた勾玉、管玉などの玉類を生産した遺跡なのだそうです。勾玉、管玉とは本当に大まかに言うと、天然石を削ったアクセサリーのようなものなのだと思います。
どうやらこの遺跡は平安時代のものの様でして、時代が違うので古墳とは言えません。
IMGP2312_.jpg
あとはコンクリートの棒が一本。
IMGP2323.jpg
そして一番印象に残ったのは遺跡から見た、たまつくり小の植え込みです。
IMGP2339.jpg
これにて長かったを成田市公津原古墳群を終わります。地味ですが色々な事がありました。暇があれば見て下さい。
次からは、いつものようにふらふらします。

[タグ未指定]
2271 [ 2020/08/20 22:54 ] 成田 | TB(0) | コメント(0)

成田市公津原古墳群 私的話39号墳石室石棺部分

39号墳の石室と石棺をやります。
IMGP1808.jpg
IMGP1809.jpg
ここは千葉県指定遺跡です。
IMGP1815.jpg
これが石室です。
IMGP1821.jpg
IMGP1831.jpg
IMGP1844.jpg
これが石棺です。古墳の裾にあります。伊都許利命が眠られている?いた?ところですね。
IMGP1856_2.jpg
IMGP1877_.jpg
この箱には何が入っているのか少し気になりましたが、開けて見ることは出来ません。
IMGP1861.jpg
IMGP1866.jpg
思ったよりも立派なものでした。
IMGP1883.jpg
随分と長引いた成田市公津原古墳群ですが次回の八代玉作遺跡が最後になります。

[タグ未指定]
2270 [ 2020/08/17 00:14 ] 成田 | TB(0) | コメント(0)

成田市公津原古墳群 私的話39号墳

成田市船方にある公津原古墳群39号墳をやります。すぐ隣には麻賀多神社があります。この麻賀多神社とは印旛沼周辺に多い神社で、その中でも本社の奥宮との事です。その本社は成田市台方にあり以前に載せています。
今回は古墳の回なのでこの神社の事はここまでにします。
IMGP1590_.jpg
さてさて39号墳はどうなの??あれま、結構威厳有り気ではないですか。
IMGP1647.jpg
39号墳 方墳 全長36メートル全高5メートル (伝 伊都許利命の墳墓)です。
IMGP1639_.jpg
伊都許利命(いつこりのみこと)の事が書かれていました。
伊都許利命は初代神武天皇の皇子の神八井耳命(かんやいみみのみこと)の八代目の孫で、第15代応神天皇の命を受けて、印旛圀造としてこの地方を平定されたそうです。
次には日本武尊(やまとたけるのみこと)東国征討の関わりが書いてあります。その当時の石棺と出土品が現存しているとの事です。石棺は次回に載せます。
いつも思うのでありますが、千葉県は西国との結びつきが強く、古くから影響を受けています。そしてかつてのヤマトはここら辺りまでが勢力の上限だったのだと思います。だからこそ、ここの辺りに力が入ったのではないか。とそんな気がしています。香取、鹿島の両神宮はそのもっともたるものだ。とか知りもしないのに、程よい酔い加減でぬかしてしまいました。
IMGP1653.jpg
鉄の門がありますけど横から普通に入れます。
IMGP1620_2.jpg
IMGP1684_2.jpg
IMGP1689.jpg
印波圀造伊都許利命墓
IMGP1704.jpg
土器です。
IMGP1720.jpg
IMGP1716_.jpg
中段に何かあったので下に降りてみました。
IMGP1734_.jpg
IMGP1749.jpg
金毘羅神社でした。
IMGP1758_.jpg
IMGP1765_.jpg
古墳に神社でこれは世で言うパワースポットなのではないてしょうか。
IMGP1780_.jpg
なんかようやくちゃんとした古墳に出会えた気がしました。ここはもう一回です。

[タグ未指定]
2269 [ 2020/08/13 23:11 ] 成田 | TB(0) | コメント(0)
カテゴリ
月別アーカイブ