千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ

柏市藤心 道しるべと塩の道

柏市藤心の交差点の傍らに
IMGP6518.jpg
ひっそりと看板がたっていました。
IMGP6490.jpg
道しるべと塩の道と書かれています。
IMGP6496.jpg
そして石塔がありました。この塔は江戸時代安政五年(1858年)に藤心村の人たちが建てた庚申塔です。
IMGP6505.jpg
やや風化はしていますが、
IMGP6546_.jpg
まだちゃんと文字も読めました。この面は東 たかやなぎ ふじがや道と書かれています。
IMGP6511.jpg
そして、南 ぎょうとく道は周辺の村人たちが、薪や農産物を行徳で塩や海産物を交換するためにも使われていたので、塩の道とも呼ばれていたそうです。
IMGP6538.jpg

さてさて今年2017年の更新はこれにて終わりです。なんとか息も絶え絶えと言った感じで続けているこのブログですが、スタートは2009年の4月ですので、自分で思ったよりも長く続けています。最近気が付いたのですけど、旅は好きで飽きる事は無く、行ったら写真を撮るのが当たり前だと思っています。しかし、ブログにアップするのがあまり好きではなかった・・・。こんな事を思うのですからこのブログも終わりに近いのかもしれません。でもこのまま何もなく終わるのももったいないような気もするし、何か目標があればまたやる気もでるんだけどなぁ。自費出版で本でも作ってみようか・・・・。とか色々考えても結局は何もせず来年も細々と続けて行くんでしょう。

それでは皆々様方、良いお年を~!
スポンサーサイト




[タグ未指定]
2057 [ 2017/12/31 06:04 ] | TB(0) | コメント(0)

山武市井之内 これは公園ですか?

山武市井之内の大通りにこんなものがありました。
IMGP3271.jpg
とても素敵な場所でした。
IMGP3281_.jpg
こう見ると公園に見えました。が何の表記も無く、私有地のようにも見えますので、敷地には入れません。しかし何のための広場なのでしょうか。
IMGP3291.jpg
IMGP3282.jpg
IMGP3288_.jpg
お金持ちの趣味のスペースかもしれません。
IMGP3297.jpg
IMGP3294.jpg
IMGP3318.jpg
IMGP3309.jpg
以上です。

[タグ未指定]
2056 [ 2017/12/24 22:47 ] 山武 | TB(0) | コメント(0)

いすみ 名跡尾骨神社

いすみ市山田にある、尾骨神社です。読みづらいですが名跡尾骨神社と書いてあります。
IMGP6517.jpg
名跡と言う割には、小さい神社です。
IMGP6520.jpg
IMGP6527.jpg
IMGP6537.jpg
この地方を支配していた平広常が、ここに架かる橋を馬で通ったさいに、馬が躓いて尾骨を骨折した事からこの名前が付いたそうです。平広常は石橋山合戦に敗れた、源頼朝を二万騎をもって支援し鎌倉幕府設立に貢献しましたが、後に頼朝の怒りを買い鎌倉で謀殺されたそうです。馬の死は広常の非業を予告したものと伝えられているそうです。
IMGP6532.jpg
馬の骨折した尾骨橋はこんなに短いです。
IMGP6546.jpg
その下を流れる川です。
IMGP6548.jpg

久々に千葉県の写真を載せました。
前3回の富士山本宮浅間大社、湧玉池、神田川とは神社があって、川があって、橋も謂れのあるもので、ある意味似ていて、それでいて地味すぎる千葉県らしいこの場所をあえて載せてみました。
写真の出来は酷いものですけど、天気も悪いし、下手なのだから仕方なしです。

[タグ未指定]
2055 [ 2017/12/17 22:08 ] いすみ | TB(0) | コメント(2)

富士宮市 神田川

湧玉池から流れ落ちるのが神田川です。
IMGP1259.jpg
藍色のきれいな川でしたが、
IMGP1123.jpg
あまりうまく撮れていません。
IMGP1125.jpg
なので逆方向から撮ります。このほうが少しはましになります。
IMGP1233.jpg
流れは急に緩くなり、天然水の水浴び場と言った感じになります。
IMGP1225.jpg
本当に青くてきれいな水でした。それにこのような川でも外来種の水草やゴミの問題があって、地元の方が清掃をしていてこそのものですね。
IMGP1222.jpg
御手洗橋から富士山です。
IMGP1187.jpg
IMGP1151.jpg
この時は9月半ばでまだ暑かったので、子供たちは水着で泳いでいました。
IMGP11322_.jpg
この富士山に雪があったらもっと良かったのに・・。残念だけど仕方ありません。ここは機会があれば、また行きたいです。
IMGP1161.jpg
さて、他県はここら辺で一段落させて、次回より本線の千葉県へ戻ろうと思います。そしてまた思いついた頃に他県をまとめ出しします。

[タグ未指定]
2054 [ 2017/12/11 20:43 ] 静岡県 | TB(0) | コメント(0)

湧玉池

湧玉池は富士山本宮浅間大社の東脇門を出た付近に存在する。池の水はすべて富士山の伏流水からなるものである。一年間ほとんど増減なく毎日約30万t湧き出ていて、富士宮市内を流れる神田川の水源となる。水温は1年を通して13°C前後で一定している。現地には水飲み場(水汲み場)も存在している。(wikiより抜粋)
IMGP1625.jpg
水汲み場です。
IMGP1643.jpg
200円のペットボトルを納めれば水をもって帰れます。
IMGP1672.jpg
そして湧玉池です。
IMGP1615_.jpg
そうかこんなものか。正直言って、透明度は目を見張るものがあるものの、他の人々サイトを見て憧れた富士山の伏流水の池とは様子が違う・・・。そしてもう一つこの池のほとりに動かずに池をずーっと見ている人々がいました。何のためにそう言う事をしているのか・・・当然聞けませんです。
IMGP1591.jpg
話はそれましたが、一段下った池はこんな風でした。きれいな水に蛍光色のグリーンです。
IMGP1401_.jpg
千葉県のため池で、ドロドロになって藻が派手な緑色になっていることがあけど、ここは水は透明で、水草が光って見えます。
IMGP1447.jpg
IMGP1411.jpg
水面アップはこんなです。
IMGP1459.jpg
IMGP1443.jpg
ちょっと見づらいですが、鱒です。私の観念だと池には鯉なのですが、これは鱒です。ヒメマスなのかニジマスなのか、分からないですけど、鱒と言うからには水は綺麗で冷たくなければ生きられないのだと思います。
IMGP1417_.jpg
ここはお暇ならば一回来てもいいかもしれませんよ。なんたって千葉県では見れないものが、多くあります。
IMGP1300_.jpg
IMGP1344.jpg
この湧玉池を下ると、
IMGP1309.jpg
急流になり、神田川になります。
IMGP1286.jpg
次回は神田川をやります。

[タグ未指定]
2053 [ 2017/12/07 20:40 ] 静岡県 | TB(0) | コメント(0)
カテゴリ
月別アーカイブ