千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ

筑波山から雲海

ある日、突然筑波山に行きたくなって、夜が明ける随分前に千葉県を出ました。登ってくる途中は霧が凄かったですが、上に行けば霧を見下ろすかっこうになりました。
_MG_9039.jpg
雲海と言えば、かつて九十九谷に何回も行っていた事を思い出しました。
_MG_9043.jpg
久しぶりの雲海なのですけどうまく撮れていませんねぇ・・・
_MG_9054.jpg
_MG_9058.jpg
それでもこの時は真剣に撮っています。
_MG_9079.jpg
_MG_9082.jpg
刻々と動いていく霧がゴルフ場を隠しました。
_MG_9101.jpg
あれ、これは何処かと似ている・・・・
_MG_9097.jpg
そうだあの竹田城みたいだ。
_MG_9114.jpg
竹田城は城郭だけで、城がないから、クラブハウスをお城の形にしたらそれは有名になりますね。と無責任な事を言って終わりましょう。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
2051 [ 2017/11/28 21:40 ] 茨城県 | TB(0) | コメント(0)

日光 香車の神社 北野神社

今年2017年9月に栃木県への旅をしました。そして日光東照宮へ行き着いたのですけど、人が多くてどうもどうも行きたくないです。そう思ったときは別に行く必要はないです。それが自由な一人旅の良さです。そんな事で何故か東照宮の側面の山道を車で登っていきました。すると何かそそられる神社がありました。
IMGP3743.jpg
IMGP3709.jpg
この堂は観音堂だそうですが、
IMGP3713.jpg
なんと将棋の駒の香車だらけです。なっななんだこれは。看板を読んでみると、香車は戻らずに直進する駒なので、妊婦がこの駒を借りて帰り、自宅の神棚に祀ると、無事出産出来るという安産信仰の社で、出産後は借りた駒と共に、新調した駒を一緒に返納するので、駒の数は増えるばかりである。そうです。
薄くらい中でこれはインパクトがありました。
IMGP3718.jpg
この時は誰一人いなく、私好みのあまり知られていないけど、印象に残る場所でした。
IMGP4028.jpg
まだこの神社には見所がありそうなので、歩を進めました。すると池があり、陰陽石なるものがありました。これもお産に縁のある石だそうです。
IMGP3741.jpg
そして、勝道上人のお墓がありました。このお方は日光開山の祖だそうです。
IMGP3720_.jpg
その奥には崖を削って、下に石造がいました。
IMGP3736.jpg
これも凄いと思いましたが、アップにせずに撮っています。理由は・・・
IMGP3724_.jpg
いつもなら遠くから撮って、どんどんアップで撮るのが癖ですが、この時はせっかく遠くまで来たのだから、東照宮にも行きたいなどと思ってしまい、ここを簡単に済ませてしまいました。これは千葉県での私はどんなに有名な場所でも行きたくない場所は行かないはずなのですが、滅多に来られないと思う、他県の旅での焦りでした。そして東照宮へ急ぎました。着いたのは午後4時半すぎです。もう参拝受付の時間が終わっていました。それならとばとなりの二荒山神社へ行きましたが、子供の時に来たそのままで、記憶の復習をしているようで、何もおもしろくはなかったです。それなら北野神社をきっちり撮るべきだと思い直して、引き返しましたが、もう完全に暗いし、鹿親子が近くでこっちを見ているし、下手をすると、猪や熊もいるかもしれない、地元の方が散歩させている犬には大きい鐘がついていて、これはもしかしたら熊対策?とか思うと、とにかく怖かったです。、もうここはこれで諦めでした。

[タグ未指定]
2050 [ 2017/11/26 08:17 ] 栃木県 | TB(0) | コメント(0)

徳島県鳴門市 渦の道

淡路島と鳴門市をつなぐ大鳴門橋には渦の道と言う遊歩道があります。
IMGP0111_.jpg
このように歩きやすい道です。上は有料道路ですが、車の音とか振動は皆無だった気がします。
IMGP0124_.jpg
所々にはガラス張りでしたが見えるようになっていました。
IMGP0122.jpg
修学旅行生とか中国人が、がんがん踏みつけていました。でも割れません(当然ですね)
IMGP0207.jpg
それにしても見晴らしの悪い日です。
IMGP0170.jpg
すぐ近くにある飛島だけは見えました。無人島で灯台だけがある島のようです。
IMGP0152.jpg
一番奥まで行くと広いスペースがあります。下ののぞき窓を見るよりも
IMGP0192.jpg
ガラス越しに横から見るほうがこの時は良かったです。
IMGP0173.jpg
潮がぶつかって
IMGP0182.jpg
複雑な動きはしていましたが、渦は?どこにある?
P1020439.jpg
IMGP0196.jpg
もしかしてあれか?
P1020446.jpg
どうも渦にはなりきれないようでした。ボランティアのガイドと思われる方に聞いたところ、いつどこで渦になるとは断言できないそうで、残念ですがもう諦めました。
P1020458.jpg
そんな中でこの橋の構造は見事だと思いました。がしかし撮り方が旅日記の写真です。もっとコントラストを強く、白とびにびびらずに明るく撮れば良い題材だったです。もう疲れで、集中力が鈍っていたようです。
P1020470.jpg
こんな感じの残念だった渦の道からでした。

[タグ未指定]
2049 [ 2017/11/23 01:07 ] 徳島県 | TB(0) | コメント(0)

徳島 鳴門山展望台 東洋一のエスカレーター

今回の写真は2012年2月のものです。7泊の旅で、雨が降らなかった日は1日だけと散々な旅でした。途中で楽をして帰ろうかとちょっと思いましたが、どうしても今まで行ったことのなかった四国に行きたくて、半ば強引に徳島に着きました。そして鳴門の渦が見たかったのに、この辺りは意外と地形が複雑で、たどり着いたのはここでした。東洋一のエスカレーターと書いてあるのでこれは行ってみようとしました。確か入場料を払った気がします。
IMGP0261.jpg
これは確かに長いです。名はエスカヒル鳴門と言って、68mもあるそうです。
IMGP0058.jpg
IMGP0062.jpg
屋根部分はガラスで外がよく見えます。
IMGP0065.jpg
よく分からずにここに着きました。なんだこれは。
IMGP0082_.jpg
本当はここを鳴門山展望台と言うようですが、雨と疲れでどうでもよくなっていた記憶があります。
IMGP0084.jpg
肝心の眺望はこれです。視界は最悪です。撮った時間は午前10時半から11時位なので、時間が悪いのではなくて、天候が良くなかったです。
IMGP0068.jpg
IMGP0071.jpg
残念な気持ちがありますが、これも仕方なし。また機会があったらここに来ればいいや。とはこの時は思いませんでした。それほど車で行くには遠い場所です。
IMGP0080.jpg
そんな悪天候でもまだ悪あがきをすます。次回は撮れなかった鳴門の渦です。

昨今千葉県ではチバニアンが話題になり、ブログでは紅葉の写真が花盛りですけど、そんな流行には背を向け自分のペースで行きます。本線である千葉県にはいつ戻ろうか、気が済むまで他県を続けるのか、その時の気分次第で決めます。

[タグ未指定]
2048 [ 2017/11/19 19:12 ] 徳島県 | TB(0) | コメント(0)

鎌倉市 星月の井

2016年の9月に2泊3日で三浦半島への旅をしました。3日目最終日には江ノ島電鉄を一駅ごとに見てきました。その道すがらの長谷駅から極楽寺へ向かっていると、
IMGP7911.jpg
何か興味をそそる場所がありました。
IMGP7914.jpg
井戸です。星の井??あれっ??
IMGP7932_2.jpg
この石碑には星月井と書かれています。うーん・・・そうだ! 印西の月影の井戸 とともに日本三井戸と言われる所だ!! と思い出しました。印西の月影の井を日本三井戸にしてはしょぼくて、がっかりスポットと書きましたが、実はここもしょぼかった・・・。
いわく昼でも星が輝いていたという名水。行基菩薩もここを訪れ、昭和初期まで名水として売られていました。なのだそうです。
IMGP7920.jpg
井戸の上には虚空蔵堂なるものがありましたので当然行きます。ここも行基と深く関わりがあるそうです。その行基とは結構千葉県にも関わっているんですよね。詳しくはご自分で調べて下さい(失礼しました)
IMGP8011.jpg
IMGP7942.jpg
IMGP7945.jpg
小さい敷地でしたので、お堂全部は写りませんでした。ここには行基が彫った虚空蔵菩薩が祀られているそうです。
IMGP7990.jpg
行き当たりばったりでも、あちこち行っていると点と点がつながって、線になったりして面白いものです。
日本三井のもう一つは福島県福島県二本松市の日影の井です。せっかく二つ見たのだから、もう一つも機会があれば行ってみようと思います。

それにしても2泊で行った、三浦半島の旅なのに写真を載せたのは初めてです。理由は天候に恵まれず、出来が悪いものが多すぎたので、どうしても後回しになってしまいました。でもそれってうまく撮れた写真を載せなければならぬって慢心ですね。どんな時でも真剣に撮っていますが、元々は携帯のカメラとか安デジカメで始めたブログです。なのにちょっとかっこつけているんじゃないかと思う次第です。下手糞なくせにかっこつけるんじねぇよ。と何故か自省の酔い加減です。

[タグ未指定]
2047 [ 2017/11/17 00:34 ] 神奈川県 | TB(0) | コメント(0)
カテゴリ
月別アーカイブ