千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ


佐倉市上志津原の桜

佐倉市上志津原のふれあい通りです。後で述べますが、ここは凄いです。
IMGP1100.jpg
IMGP1104_.jpg
IMGP1153.jpg
ずらり桜並木か゜続きます。なんでも軍隊の跡地だそうで、その後の開拓団が砂防林を植えたようです。
IMGP1417.jpg
IMGP1425.jpg
内側にはイチョウが植わっている部分もありますが、どうでしょうこの人の少なさは。千葉県にも各地桜並木はありますけど、とにかく人が多くて行く気がうせます。それと酔狂の馬鹿騒ぎを見ると、もう反吐がでそうになります。とか言っている私も酔狂ですが、人数に任せて強気になったり、喧嘩したり、ひどいマナーの人を見ると、同じ酒飲みとして説教をしたくなります(実際はしないです)しかしここの人の少なさは凄いです。最高に気分のいい花見ができました。
IMGP1296.jpg
ここからは一発狙った写真です。明るくふんわりと撮ります。うーんだめだ。もっと軟らかく撮りたかったです。シグマのレンズではこれ以上ボケません。
IMGP1189_.jpg
次は白い葉桜をピンクの桜を目立たせて、ピンクのソメイヨシノをバックに・・・これもだめですね。
IMGP1576.jpg
やはりいつものように撮ったほうがいいようです。
IMGP1137.jpg
桜ももうすぐですね。今回は珍しく、数年前に撮ったものを旬の時期にやってみました。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
1960 [ 2016/03/26 08:14 ] 佐倉 | TB(0) | コメント(8)

白井市 秋本寺

白井市白井にある秋本寺です。創建は1303年と700年以上も前からのお寺です。
IMGP6721_.jpg
しろい七福神の毘沙門天がここにあります。
IMGP6725.jpg
どちらかと言うと、地味なお寺ですが、そんな事は問題ではありません。このお寺は白井市で唯一の日蓮宗のお寺だそうです。
千葉県では日蓮宗のお寺が当然のようにあります。そして白井市にも沢山のお寺がありますし、いくつかは載せています。しかし市全般で日蓮宗のお寺がここしかないのは私にとってはとても不思議に思えます。なぜなんだろうか?と調べてみても、手がかりはないです。
IMGP6743.jpg
IMGP6748.jpg
調べても分からないものは仕方ないですが、知りたい題目ではあります。
IMGP6749.jpg
IMGP6731.jpg
話しは変わりますけども壊れたパソコンは有名業者に頼んで、過去のデータだけ復旧出来ました。
約9万円かかりました。でもパソコンはなおっていません(治すって言ってたのに)
今時びっくりする位の対応をする業者でした。
ちゃんと書けば、名前も住所も知られているわけで、後が怖いので書けませんが、完全に恫喝をすんですね。
えらい思いをしました。
そんな訳で、まだビスパソコンからの更新です。
早くメインパソコンに戻りたいですが、それには治さなければなりません。それにはまた電話をしたり状況説明をしたり、持ち込んだり、送ったりとかの面倒な作業があります。
ならば新しいパソコンを買えば済むはずですけどね。
今の私にはそんなお金はありません。 情けない話しでした。

[タグ未指定]
1959 [ 2016/03/21 13:29 ] 白井 | TB(0) | コメント(0)

柏の夜景みたいなもの

千葉県でも大きい街ある柏は高ささえあればいい夜景が撮れるはずです。でもどれたけ探してもいい場所が見つかりません。
そんな中、なんとか夜景っぽく撮れる場所を見つけました。
_MG_9442.jpg
なんかいつの間にか週に一回くらいしか、更新していませんね。
これからどうなるのか自分でも分かりません。

[タグ未指定]
1958 [ 2016/03/12 08:25 ] | TB(0) | コメント(0)

浜名湖 暗い思い出

まず最初にお断りを。今回はいやーな思い出を書こうかと思います。
その前に、浜名湖弁天島海浜公園です。湖と言っても、すぐ海の場所ですね。
IMG_2961.jpg
その湖の中にはこんな鳥居があって夜はライトアップされていました。
IMG_2938.jpg
中々きれいなものだと思いました。
IMG_2944.jpg
さて、ここから長文開始です。今回の写真は2011年の徳島までの旅の時に撮ったものです。
そして・・・さかのぼる事、かなり前、私はここで事故を起こしています。車の免許が取れない年で単車の免許は持っていた頃、16か17才ですね。大いなる冒険心をもって、京都に向かう、原付ではじめての長旅です。その途中、事故は起こりました。単車同士のものです。
今思えば大した事故ではないですが、その時の相手の騒ぎように、圧倒されてしまって、ただ謝るばかりでした。
事故の相手は25才くらいだと思います。そして、どのようないきさつでか、そいつの家へ行くことになりました。大雨の日でした。
そこからが凄いです。玄関すら入れてもらえず、土砂降りのなか、ただ謝ることしか出来ない少年を家族総出で貶します。特に母親が凄かった。謝れば謝るほど、罵倒してきます。その時は完全アウェーで雰囲気に呑まれてそんなになってしまったのですが、今思えば、この家族相当おかしいです。ひたすら謝ること、数時間後(な気がする)宿とバイク屋の事を聞いてみました。が、答えは、お前が悪いのだから、そんなの自分でなんとかしろ!!とぬかしやがりました。事故と言っても、相手だって少しは非があるのに・・・
そして私は見知らぬ街で、バイクやを探し、頼み込んで、後日払う事を約束して修理をしてもらいました。ここのお店の皆さんの真摯な対応には頭が下がりますし、感謝しかありません。次は宿です、確か近所の釣り宿だったと思います。一泊3000円くらいだった気がします。その次は食事です。食堂があったので取り合えず、入ったら、中はスナックのつくりで、ホステスさんがいました。そして事情を説明して、ピラフだけ食べて出ました。ここで2泊の足止めを食らいました。もうお金が少ないです、一日一食で過ごします。そして単車が直ったら、とにかく京都にいけるところまで行ってみようと思いました。なんとか京都に着いた時には、持金3000円。どうやら帰れそうも無い・・・・・。
そこからが若さです。なんと私はパチンコ屋に行きました。そして奇跡的に2万円になって、無事に帰れたのです。
負けたらどうするのか??などと考えていては勝負は出来ません。もしも負けたら京都の人間になっていたと思います。
もちろん親もいたし、友達もいましたが、そんなものに頼る旅なんかしたくはない。といきがっていましたので京都にいついてしまったのかもしれません。そしたら京都発二日酔いまでの後悔街道をやっていたでしょう。

まだ続きます。去年伊勢、紀伊の旅をしましたが、その時に、この悪しき思い出の舞阪へ明るい時間に立ち寄ってみました。スナックも営業してるかは分からないけど、建物はまだありました。歩いているうちに、段々思い出してきて、この家か!!!!
瞬時に当時の記憶が全部蘇りました。こんな旅の思い出もあります。
今乗り込んで、殺してやりたい。と思いましたが、そんな事できるはずがありません。恥ずかしながらちょっと涙が出ました。
仕方なし軽く呪い??をかけて立ち去りました。

この少年期の事故以来、謝っている人の頭を土足で踏みつけるような人間が嫌いになりました。

いや今日は言わなくてもいい事を全開で言っていますね。
たまにはこんなシリアス??な回もいいですか?? よくないかもですね。

そしてどうしてこんな時間に大酔っ払いなんだろうと自問自答しているところです。


[タグ未指定]
1957 [ 2016/03/06 15:27 ] 静岡県 | TB(0) | コメント(0)
カテゴリ