千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ


今年の締めはきみさらず歩道橋から富士山

ここは木更津市菅生です。木更津東邦病院上、アクアラインの側道です。
IMGP7907.jpg
IMGP7889.jpg
ここは条件がよければ、久留里鉄道と富士山が撮れる知る人ぞ知る穴場です。ってこの日は富士山は残念ながらはっきり見えませんでした。
IMGP7849.jpg
日を変えて夕方の富士山です。普通に撮ったのでは面白くありません。
_MG_5389.jpg
_MG_5416.jpg
ここから色の魔術師と呼ばれる(と一人で言っている)私のカメラこねくり回し写真です。
_MG_5382.jpg
_MG_5400.jpg
上総清川駅に列車が止まっています。
_MG_5420.jpg
私はこの紫がかった色が好きです。もっと色んな色で撮りましたが、きりが無いのでこの写真で今年は終わります。_MG_5430.jpg
今年は久しぶりに紅白を見ています。皆さん素晴らしいですが、美輪明宏さんの得体のしれない存在感は凄いと思いました。

今年も一年間頑張れました。ありがとうございます。また来年もよろしくお願いします。ではよいお年を!!
スポンサーサイト

[タグ未指定]
1763 [ 2014/12/31 23:21 ] 木更津 | TB(0) | コメント(0)

長生村岩沼 皇産霊神社 未完の完成の回

長生村岩沼の皇産霊(みむすび)神社です。
_IGP9773.jpg
もう暗くなってきていましたが、ちょっと気になる物があったので急いで撮ります。
_IGP9866.jpg
_IGP9818.jpg
その気になる物とはこれです。
_IGP9784_.jpg
何で電信柱が沢山立っているのだろう。
_IGP9870.jpg
うーん。
_IGP9786.jpg
なんだこれは・・・・。
_IGP9884.jpg
後で調べてみれば、岩沼の獅子舞の仮設舞台用の柱だそうです。調べて分かったのはこれだけです。仮設舞台ってなに?
もう考えても仕方ないので、お祭りの舞台をつくる為の柱と言う事にします。
_IGP9831.jpg
話は変わりますが、この写真の右側に頼みもしないのに、ポーズをつけている少年が居るのが分かりますでしょうか??こやつが色々な所に写りこんできます。他の子たちはボール遊びをしているのに私が移動すると、つかず離れずでついてきます。そしてしどろもどろの口調でこの神社の事を教えようとしてきます。
_IGP9810.jpg
なんだ写真を撮ってほしいのかい??と問うたら嬉しそうに、うんと言いました。そしてこの会心の笑顔です。
_IGP9815.jpg
照れ屋で素朴だけど人懐こい少年でした。更に坊主頭に日焼けと、私の思う村の子のまんまです。いつも厳しい顔して写真を撮っている私ですが、さすがにこの子には笑顔になりました。これで見知らぬ土地での楽しい思い出がまた増えました。

さて、これにて自分の掲げた掲載目標、千葉市120、船橋市60、市川松戸柏各50、印西佐倉成田鴨川館山各40、残る市町村各10まで神崎町を除き完了です。神崎町を9回で止めておくのは、全部二桁載せてしまえば、このブログは終わると宣言していますので、延命処置であります。ただし訳あって八千代市と八街市は載せていません。
これにて未完のまま完成とします。また気が向けばどこかへ行き、さして意味のない写真を載せていきます。

そしてどうせならと次の目標も作ってみました。銚子が40、野田も40、南房総市40と逆三角形の角を固めようかと思います。あと木更津40、市原は面積も大きいし人口も多いので60、山武市は平成大合併で四つの町村が一緒になった割には載せている数が少ないので40、勝浦は千葉県で一番平均気温が高いそうなので40、郡も一つは入れた方がいいと思い、夷隅郡大多喜町を選び、ここも40とします。いずれももうすでにかなり載せていますし、載せてない写真もありますので最初に比べれば楽な目標です。
こんな感じでまたです。

[タグ未指定]
1761 [ 2014/12/30 15:16 ] 長生郡長生村 | TB(0) | コメント(0)

館山のひまわり

以前に載せた滝川のびゃくしんに案内看板の通りに車を進めていれば、ヒマワリ畑がありました。後ろにある建物は以前に載せた安房国分寺です。あの時は冬で国分寺の方から菜の花を撮りましたが、今回は逆側からヒマワリをとりました。この時期にヒマワリが咲いているのではなくて、夏の終わりに撮ったものです。
IMGP3789.jpg
いつものように、不毛の奮闘開始です。こうじゃない・・・。
IMGP3688.jpg
ならばこうか?
IMGP3701.jpg
いや、こうだろ。などとブツブツ言っていたと思います。
IMGP3705.jpg
IMGP3712_.jpg
そうしているうちに電車が来ました。いつものように低感度で、しぼりをきつくする撮り方では電車がぶれてしまいます。
IMGP3720.jpg
ならば仕方なしと、isoを少し上げて、絞りもゆるめて撮りましたが、まだぶれています。
IMGP3775.jpg
なんとか、一応ぶれていないものが撮れましたが、それがどうしたと言いたくなります。やはり私は撮り鉄さんとは違うようです。
IMGP3779.jpg
IMGP3746.jpg
IMGP3739.jpg
この寒い雨の日に、なぜにヒマワリの写真を載せるのかと言えば、自ら課した目標回数を年内に完結させるためです。これで館山の目標40回になります。そして千葉県全市町村を二桁載せると言って、その目標に向かってブログを進めていたわけですが、あと残るは神崎町があと1回と、長生村もあと1回で、目標を達成になります。そしてこれだけは変えていません、全市町村を二桁載せたらこのブログは終わります。
しかし往生際の悪い私は、どこかを9回の更新で留めておいて、しばし千葉県の写真を載せていく、ずるい作戦を思いつきました。なので神崎か長生を年内に1回載せれば、パズルの1ピースを残したまま、一応は目標が達成した、と言う事にして、すっとぼけてこのブログを飽きるまで続けていきます。
次回は長生村をやります。となると神崎町はずっと9回のままなのか??ってそんな事はないです。神崎を載せる時にはどこかを削って9回にすれば、大丈夫などと更に姑息な手段を思いつきました。
なんか失礼しました。

[タグ未指定]
1760 [ 2014/12/29 12:51 ] 館山 | TB(0) | コメント(0)

市原市民の森イルミネーション

市原市柿の木台の市原市民の森のイルミネーションです。駐車場(無料)に車を停めて入口部分です。

いやこれはなんか凄いです。
_MG_5598.jpg
中に入れば!これはびっくらこきました。
_MG_5602.jpg
今まで知ってはいたけど、後回しになっていた市原市民の森のイルミは私の予想をはるかに超えたものでした。
IMGP2601.jpg
IMGP2606.jpg
このブログでも毎年イルミネーションを取り上げていますが、ここが一番いいと断言します。
IMGP2607.jpg
自然の高低差を利用して、頂上には富士山です。
IMGP2615.jpg
ここまで作り上げるのは市民のボランティアの方々だそうです。
_MG_5612.jpg
IMGP2617.jpg
IMGP2655.jpg
山の上の方へ登ってみました。
IMGP2631.jpg
一番上の休憩所です。
IMGP2637.jpg
今日は12月25日です。載せるには遅いかなと思いましたが、予想以上に前回までの伊予ヶ岳で時間を取ってしまい、こんなに遅れてしまいました。しかしこのイルミは12月27日(土)までやっているようなので、まだ行けますね。
ただし8時(平日。土日は8時半)には終了のようです。もうちょっと遅くまでやってもらえるとありがたいですけどね。
駐車場が無料で入場料もありません。ただでこんなイルミが見れます。行って損なしですよ。
これで千葉県の有名どころは全部見た気がします。一つだけ残っているとしたら東京ドイツ村ですけど、一人で車で行く場合は2000円もかかります。そんなに取るなら凄くて当たり前。と行く気になりません。よってここが私的千葉県の一番イルミネーションです。

[タグ未指定]
1759 [ 2014/12/25 19:08 ] 市原 | TB(0) | コメント(0)

南房総 伊予ヶ岳5北嶺から

山頂まで登ってきましたが、伊予ヶ岳自体を見るならば、北嶺に行かなければなりません。
IMGP9623_.jpg
またもや登ったり下ったりの道を進みます。
IMGP9634_.jpg

途中見晴らしのいい場所がありました。
IMGP9680.jpg
何か鳥がいると後で確認すればカラスでした。ちょっとがっかりです。
IMGP9673.jpg
北嶺山頂です。
IMGP9727.jpg
素っ気の無い場所です。
IMGP9719.jpg
IMGP9738.jpg
北嶺山頂から南峰を見ます。
IMGP9710.jpg
下から見てびびった岩場は
IMGP9297.jpg
横から見るとこんなでした。ちょっと危険な気がします。
IMGP9694.jpg
もう暗いです急いで下ります。
IMGP9782.jpg
すると展望台の所で夕日が富山に落ちていきます。
IMGP9821.jpg
そこでダイヤモンド富士山ならぬダイヤモンド富山を撮るべく、しばし待ちますが逆光の偽色が凄いです。何枚撮っても設定を変えてもだめです。これはもう気合や腕を超えた、機材の性能の限界なのだとして諦めます。安便利ズームではこれが精いっぱいでした。
IMGP9839.jpg
そんななかで一番ましに撮れたものです。
IMGP9844.jpg
ねっちり五回に渡って載せた伊予ヶ岳もこれで終了です。
強い拒否反応が出ていたのに、結局は山頂まで行って、結果は大満足でした。
登りはきつかったと言っても、体力の無い私のことなので表現が大袈裟になっています。
300mの山でこんなにきついのなら、3000mの山を登る人って本当に凄いと思いました。
帰りは完全に暗い山道ですが、なにせ体力的に楽なので、心に余裕があって見えないものも見えるような感じであっという間に下につきました。これはきっと色々な要素で五感が研ぎ澄まされたのだと思います。
ではまた。

[タグ未指定]
1758 [ 2014/12/25 00:59 ] 南房総 | TB(0) | コメント(0)