千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ


市川市妙典にメダカがいた2

メダカがいた野池から歩を江戸川のほうに進めます。野球場があってその前には少しずつだけど多くの種類の花が咲いていました。どなたが管理をしているのか分かりませんが、手の込んだものですね。
_IGP7094.jpg
_IGP7108_.jpg
土手を登ってみます。
_IGP7115_.jpg
こんな感じの土手の上でした。
_IGP7117.jpg
そこから見てまず目立つ施設は、東西線の車両基地です。
_IGP7145.jpg
本八幡のビル群が見えます。
_IGP7139rkfs4.jpg
市川アイリンクタウンです。
_IGP7140.jpg
行徳富士です。
_IGP7182.jpg
川に目をやれば、貝を獲っている人たちがいました。石に着いている牡蠣を取っているようです。ここの牡蠣は食べても大丈夫なのでしょうか。少なくとも生食では危険な気がします。
_IGP7170.jpg
そしてここにもメダカがいました。嘘です。見た目も大きさもメダカと似ていますが、これは海の魚だと思います。
_IGP7159_.jpg
以上市川妙典からでした。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
1611 [ 2014/04/29 22:33 ] 市川 | TB(0) | コメント(0)

市川市妙典にメダカがいた。

市川市は妙典からです。旧江戸川と江戸川に挟まれる通称浦安島(勝手に言っているだけ) は埋立地が大部分で、まして地下鉄東西線よりも海側ではほぼ埋立地と自己判断しています。
ここは妙典五丁目です。後ろは妙典中学校です。
_IGP6978.jpg
このあたりの一番角はどうなっているのか?などと多くの人にはどうでもいい興味が湧いてきてたどり着いたのがここでした。でもこれでは終わりません。なぜかここから人が出入りしています。これ行ってみるしかありません。
_IGP6984.jpg
これは行かなくてもよかったのか?なんでもないただの抜け道なのか?
_IGP6992.jpg
さにあらず、水道の施設の下には野放しの池がありました。
_IGP7070.jpg
ほぼ手つかずの荒れ地です。
_IGP7008.jpg
貧相?な橋がありました。
_IGP7015.jpg
さしてその下は、水たまりがありました。ゴミだらけですが、
_IGP7012.jpg
よーく見ると、ザリガニとメダカがいました。この写真ではよく見えませんね。
_IGP7031.jpg
これなら少しは見えますでしょうか。このような生物で近づいては撮れません。ズームが頼りです。しかしながら現在愛用している125mmのレンズではこれが精いっぱいです、一旦逃げてしまえば、元に戻るにはかなりの時間がかかります。
ちなみに125mmは、一般的なコンパクトデジカメで言えば、6.7倍です。そしてコンパクトデジカメに着いているデジタルズームの機能はないので、こんな場合はコンパクトデジカメに優位さがあります。とにかく撮れない事には話になりません。ならばもっと凄いズームのレンズを買えばいいのですけどお金がありません。ちょっと情けないですが、それが事実です。なにか話はそれましたが、
_IGP7068.jpg
この先にも道が続いていたので、行ってみる事としました。
_IGP7078.jpg
もう一回ここをやります。
この写真は去年の今位のものです。
自分で掲げた掲載目標は撮り終わっていますので、いつでも引っ張り出して終わることができます。
しかしながら、驚天動地(大袈裟)の新展開がありそうです(あくまでありそうだ。です)そうなれば、このブログで皆様に伝えて続けていく大義名分が出来たと言う事にして、終わりなき千葉県の旅を続けて行くのかもしれないし、面倒ならきっぱりやめるのか、しばらくの休止状態にして、やる気が出てからの再開にするのか。とか言ってますが、ほとんど思いつきで書いていますので、何も気にしないでいいです(おおよそ誰も気にはしてないですが)
ただそんな現状だと言ってみたかっただけです。

[タグ未指定]
1610 [ 2014/04/28 02:04 ] 市川 | TB(0) | コメント(0)

館山 赤山地下壕跡

平成16年4月1日より、館山海軍航空隊赤山地下壕跡(通称:赤山地下壕)の一部が公開されました。
 赤山地下壕は、合計した長さが約1.6kmと、全国的にみても大きな壕で、館山市を代表する戦争遺跡のひとつです(館山市hpより)
どうやら地下壕を見学するには、この館山市役所豊津ホールで入場券を買います。200円です。するとヘルメットと懐中電灯を渡されます。怒られるのもいやなのでヘルメットをかぶりました。しかしです。そのヘルメットは大変臭かった・・・。
_IGP9266.jpg
入口にあった看板を見ると、公開されているのはごく一部のようです。
_IGP9256.jpg
では行きます。
_IGP9202.jpg
これは薄気味悪い場所でした。
_IGP9216r.jpg
フラッシュを使わずに、三脚スローシャッターで撮っているのですけど、しばらくして変な感覚に陥りました。この時の見学人は私一人です。そして私自らが出す音以外は完全に無音です。何か本当に絶望的な状況に思えてきました。
_IGP9220.jpg
_IGP9222.jpg
メインの通路には多くの暗い横道があって、何か気味悪くちょっとパニックになりそうなのを立て直しながら写真を撮りました。
_IGP9243.jpg
なんとか踏ん張りながら歩いていたら、こんなものがありました。五右衛門風呂です。
_IGP9223.jpg
戦後この場所はきのこの栽培に利用されていたそうです。
_IGP9234.jpg
やっと外の明かりが見えた時には、思わず助かった~と思いました。ここから引き返して、外に出て市営のプールを見たときには、どれたけほっとしたこでしょうか。すいません。いつものように表現が大袈裟になっています。
_IGP9228.jpg
ちょっと気になったので、外側も見ました。壕の中から見えた光はここからでした。
_IGP9279.jpg
あとは全部ふさがれていました。こさ中に何があるのか?もう知りたくなかったです。
_IGP9290.jpg
そして最後に残った感想です。ヘルメットが臭くていつまでたっても慣れませんでした。市の観光の予算で是非買い替えるよう余計な進言をします。
悪く聞こえるかもしれませんが、刺激的なスポットであった事には間違いはありません。

[タグ未指定]
1609 [ 2014/04/26 02:28 ] 館山 | TB(0) | コメント(0)

新鎌ヶ谷東経140度線

詳しくは分かりませんが、新鎌ヶ谷にはロータリーが二つあって、現状ではほとんど人の居ないロータリーでなんとなく酒を飲んでいたところ(嘘です)
_MG_4324.jpg
何かが書かれた歩道を見つけました。暗い中フラッシュをたかずに高感度で撮ったら、ちょっと派手な色に写りました。
_MG_4308.jpg
the140なんとかと書いてあります。今年の大雪がまだ残っています。
_MG_4304.jpg
これはここが東経140度線の意味ですね。
_MG_4306.jpg
本当は夜にちゃんと撮るには、三脚を使わないとだめです。しかしながらロータリーの向こう側は交番です。色々と聞かれると面倒なのでなるべくフラッシュを使わずに撮りましたが、色が変になってしまうので、素早く使ってみました。それでもうまくは撮れていません。
_MG_4319.jpg
とにかく東経140度線は新鎌ヶ谷ロータリー上にあります。それが凄い事なのかは理解できません。

[タグ未指定]
1608 [ 2014/04/24 02:27 ] 鎌ヶ谷 | TB(0) | コメント(0)

アフィリエイトはやらない。

以前のブログではもしかしたら少しは儲かるかもしれないと、アフィリエイトのバナーを貼っていましたが、4年数か月で成果はゼロでした。なにせ自分のバナーから旅館の予約を取り、宿泊しても成果ゼロです。反映が遅れているのかもしれない。と半年待ちましたが、やはりゼロでした。自分での利用でも有効だったので利用したんでけどね・・・。正直言いましてこんなものはデザイン的にも邪魔なだけだし、いらないと思いました。アフィリエイトで報酬を得られる人って何万人に一人なんだろう? 特殊用途がないこんなブログで報酬を得られる人は日本に何人いるんだろう?さらに生計を立てられる人はどのくらいいるんだろうか?1日のアクセス数が1000や2000では到底無理だと思います。1日で数十万のアクセス数があってやっと報酬が得られるのではないだろうか?そんな個人ブログって余程の旬の芸能人以外でいるのかな?何かの特殊要素があれば別なのでしょうけど、自分で言い出しておいて、その特殊要素がなんなのか分かりません。素人判断ですが、アフィリエイトは無駄と結論付けてこのブログではその類はやめました。
くれぐれもアフィリエイトは儲かる!などの決まり切った宣伝は止めてください。もう私個人ではやらないです。
写真も貼っておきます。ブイ?が引き揚げれていました。
_IGP0634.jpg
貝とともにフジツボが沢山はりついていました。
_IGP0636.jpg
まじまじと見ると、フジツボとは結構色のきれいなものでした。
_IGP0639.jpg
しかし色とは裏腹にかなり匂いのある被写体でした。
意味の無い雑談もこれで4回目です。これにて本線の旅日記に戻ります。

[タグ未指定]
1607 [ 2014/04/22 00:43 ] 未分類 | TB(0) | コメント(0)