千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ


旭市飯岡玉崎神社

 旭市飯岡の玉崎神社です。大きい神社で門前に商店街がありちょっと言い感じです。

上総一宮にある玉前神社の御神体を戦火を避けてここに移したと言う事で、近い存在ですね。本家は一宮のほうです。

御神木は海に近い神社らしく槙です。内陸部は杉が多いので、神社に槙があるとここは外房なんだと感じます。


海の近くの神社は潮風のせいで痛みが進みます。こけと言うか、かびと言うかが生えていて、独特の佇まいが良いんです。

精巧で中々凝った彫り物です。

なんとなく横道から外に出てみれば池で公園のようになっていました。

船着場風です。

そして後ろから入ると、由緒ありげな石垣がありました。十七世紀後半のもので飯岡石と言う石で海中から算出された石なのだそうです。


他にも竹久夢二の文学碑とか、天の石笛とか見所が多い神社ですが、今回は省略します。

実は旭市はまだ写真があって載せたかったのですけど、あの震災があり被害を大きく受けた場所なので控えていました。私のような者が、興味本位で載せるべきでは無いとの判断です。
そして一年以上経った今年の四月に久しぶりに旭市に行ってきました。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
1086 [ 2012/06/29 03:30 ] | TB(0) | コメント(2)

久々の東金山王台公園

 東金の山王台公園からの夜景です。以前にも載せていますが、コンパクトデジカメでのもので、電灯の緑写りがどうしても強く出て不満足なものでした。パナソニックg1でもペンタックスkrでも緑写りが消えません。厳密に言うとkrは軽減できますが、その代わりに派手すぎる紫にしなければなりません。それがキャノンだとほとんど緑に写らなくできます。そんな訳で夜の写真はキャノンに任せます。


春の森を撮り終わって、今度は九十九里平野の東金から下に何回か行きました。このブログの弱い部分です。でも天気が悪いし、出発が遅くなったりであまりいい写真はないですけど整理がついたら載せていきます。それまで季節も関係ないもので繋ぎます。

[タグ未指定]
1085 [ 2012/06/28 00:39 ] 東金 | TB(0) | コメント(0)

柏の葉の夜

 ちょっと長引いてしまった春の森を強制終了すべく毛色の違う写真を載せます。柏の葉キャンパス駅周辺からです。この駅はつくばエキスプレスの駅です。以前にも載せていますが、久しぶりにこのあたりに来たので撮らない手はありません。

大きな開発がされています。

駅周辺を全部更地にしたような感じですので、その分まだ空き地も多くて、撮り易い環境です。

これからしばらくは季節に関係なく、思いつきで行きます。

[タグ未指定]
1084 [ 2012/06/26 00:47 ] | TB(0) | コメント(0)

春の森18千葉真砂中央公園

 凄い景色よりも春の色を追い求めて、いつものように彷徨った今年の春ですが、一番自分の思う春の色だったのは以外にも千葉市中央区の真砂中央公園でした。天気が良かったのはこの日この時だけだったと言う理由もあります。場所は千葉市美浜区の隣になります。





この春にしか出ない葉っぱ色を探してウロウロしていました。

桜の実です。


公園の池の横には意味ありげな歩道がありました。

そしてもっと意味がありそうな突起の溝がありました。中を見たら塞がっていてただの飾りのようですが、何の意味か分かりません。

ここで春のシリーズを終わりにしようか、まだ残るものをすべて出し切ったほうがいいのではないか、でももう夏至も過ぎて春ってのも無いのではないか。とか言いながら全ては気分で決めるいつものことです。


さて、スカイツリーの近くの橋で出会ったお兄さんからの質問へこのブログから私の答えです。
傑作ばかりのブログは続かないです。もっといい所凄い所と追い求めていては撮影インフレ(私の造語)になります。このインフレが続けは大変な時間とそれに伴うお金がかかると思います。
その前に今、見える景色を少しでもうまく撮れる様に全力を尽くす方が良いと思います。
私はいつもろくな所で撮ってません。それどころか素晴らしい景色ならばいい写真が撮れるのは当たり前だとしていますし、大した場所ではないものをいかにだまして?凄いところに見えるように真剣になっています(全く下手ですが)
ブログは続ける方が大変です。続ける意味は理由はよく分かりませんけどなんとなく三年以上やっています。
本当に大きなお世話ですが、質問を受けての答えです。まずは色んな場面で最善をつくして撮ってみて、その先にまた考えてみてもいいのかと思います。






[タグ未指定]
1083 [ 2012/06/24 23:19 ] 千葉市 | TB(0) | コメント(2)

春の森17千葉大厳寺

 千葉市中央区大厳寺町の大厳寺です。地名にもなっているし国道16号の交差点にも使われているので古くからある有名なお寺なんだろうな。と以前から気になっていたのでこのに機会に行ってみました。ちょっと立派で驚いた山門です。


ここは浄土宗の関東十八壇林だそうです。檀林(だんりん)とは、仏教寺院における僧侶の養成機関、仏教宗派の学問所。談所、談処、法談所、談義所、学寮、学林、禅林、などとも称された。なのだそうです。現代における大学のようなもののようです。それにしても壇林は読めますがもう一つの字が分かりません。ぼたんかな?

門を潜ります。

鳥の像がありました。

石碑を読めば大厳寺の森は川鵜の生息地で県の天然記念物に指定されていたが、開発により昭和四十七年を最後に再び姿を見られなくなったとあります。

本堂です。あいだみつお先生の言葉がありました。毎日毎日の足跡が、人生の答えを出す。きれいな足跡にはきれいな水がたまる。と書いてあります。しばし考えてしまいました。

鐘があったのですけど、ちょっと驚いたのは

あの紋所があった事です。ちょいと調べてみれば二世虎角上人は徳川家康とも親交があったそうです。その親交は家康江戸入り以前からのようです。

このお寺の言伝えはまだまだありますがここは、春の写真も載せます。この木が凄いんです。写真では伝わらないですけど。ぐるりと仏加祐の木と書いてあります(もしかしたら間違っているかも)

この木の大きさと言ったら、簡単に言うとスペース一杯に下がっても治まりきらない位に大きいです。

そして一本の木でこんなに沢山の若葉をあまり見たことが無いので、それは印象に残りました。

いつもの道でもちょいと横道に入ると新しい発見があって楽しいです。皆さんもカメラを持って逸れて見てみましょう。人生の横道は時には苦難ですが、旅は決まりきったものよりも、脱線したほうが楽しいと思うのは私だけ?なのかもしれません。


[タグ未指定]
1082 [ 2012/06/22 22:40 ] 千葉市 | TB(0) | コメント(2)