千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ


一富士二鷹三茄子

 初夢用の写真です。一昨年は富士山しかなくて昨年は鷹(とんび)もあったけど、なすびの写真がなかったけど三年目の今回は一応揃いました。
ビーナスラインからです。まだ雪が無いです。

精進湖からほんの少しの時間富士山が見えました。

富津の奥庭公園展望台からです。ちょっときつい色になってしまいました。

続いてはとんびです。とんびは鷹です。

獲物を求めて急降下中です。

今年はなすの写真を撮っておきました。

今年もありがとうございました。
では良い夢を。良いお年を。
来年もよろしくおねがいします。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
945 [ 2011/12/31 22:40 ] 未分類 | TB(0) | コメント(3)

更に出遅れの秋11浦安

 この冬は浦安に何度か行こうと思いました。そして今まで夜の写真しかなかったので明るいうちに行ってきました。冬のシリーズのつもりだったのですが、まだ銀杏が完全にのこってましたので秋の写真の最後に組み込みです。
大三角線からです。変わった名前ですがこの道の先は大きい三角州だっようでこの名前になったそうです。それならちゃんと大三角州線にしたほうがいいですね。何故に州を取ったのかは不明です。



猫実川です。

続いては場所を変えて以前にも行った豊受神社です。

やはり夜に無理やり見るものではなくて明るい時に見るべきものでした。


根元は六本に分かれています。

富士塚です。六メートルもあり結構立派なものです。ここはもっと写真を載せたいですが今日はここまでにします。

やっと秋シリーズを終わります。

[タグ未指定]
944 [ 2011/12/31 21:40 ] 浦安 | TB(0) | コメント(0)

更に出遅れの秋10七里川渓谷

 君津市黄和田畑の七里川温泉は千葉県で唯一の天然硫黄泉です。

この渓谷で写真を撮ろうと思いましたが、県道81号線はとにかく道が狭くて、それなのに観光の車は一杯です。それならばへそを曲げて(なんでだ)逆に戻って車が一台も入って行かなかった道に行きます。道路工事の人たちにはすみませんでしたけど。人の行かない所に花はある。とか言いたくなりました。ほらやっぱりあるよ。と。

ここは七里川オートキャンプ場です。誰も居なかったので入ってしまいました。許して下さい。

予想よりも恰好のいい滝がありました。

五m弱位の滝だと思いますが、落差よりも段々に流れ落ちる姿がなかなかでした。

暗い滝と、明るいもみじは同時に撮るのが難しいです。

ちょっと分かりずらいですが、滝が三本あります。真ん中のは滝と呼べるか微妙ですが、右側のはかなり高い場所から流れています。

色々と探しましたが、これが一番見えたポイントです。ちゃんと撮ろうとすれば川の中に入らないとなりません。水量は少ないけど落差は15mくらいあります。

少し離れた場所にはもう一つ滝がありました。明暗差が強すぎてうまく写っていませんね。少ない水量に見えますが、ちゃんと滝の音がする位に流れています。見えているのが三mくらいですが、もっと上の方から流れているのだと思います。

この大みそかになってやっと終わる秋のシリーズですが、なにか妙に滝に縁がありました。今年の春に載せた五つの滝の時に漠然と滝はこういう所にあると知りましたが、この秋はその滝センサー?が頼んでもいないのに自動で働いたようです。お前は滝に打たれてみそぎをしろと言う事でしょうか。

秋の写真もこれで終わりたいところですが、ねじ込みで最後にもう一か所やります。

[タグ未指定]
943 [ 2011/12/31 14:43 ] 君津 | TB(0) | コメント(0)

更に出遅れの秋9筒森もみじ谷

 秋のとある日、どこかいい所はないものかと道の観光地図を真剣に見ていたら、一台の車が止まりました。そうしたら筒森はどっちに行けばいいのか?と聞かれました。場所は知っているのでこの先を真っすぐ行けばあります。と答えました。なんでも筒森もみじ谷は千葉県で一番もみじがきれいなんだと言っていました。ここは以前から知っていましたが、何故か素通りしていたのでこれはぜひと思い行ってきました。

まずは車で一番上まで行きました。

そして下ってきて駐車場からです。

もみじと赤くなった水とを一緒に撮ろうとしましたが車も写ってしまいます。

ならば木はあきらめて水が赤くなったのだけを強調してみます。なんか冴えなかったですね。

さらに下って、偶然に出会った三人で写真の話が弾みます。そのうちの一人がここを降りれば滝があるらしいと盛んに私に言います。地元の野菜売りの人に聞こうか?などと言っていますが、本人は行きたくない模様です。どうやら偵察して来い(ちょっと大袈裟な表現)と言いたいらしいので、ならば行ってみようじゃないか。と辿りついたらこのミニチュアの滝でした。高さ30㎝の二段の滝です。本音はやられた!なんだこれは!ですけど、もっと奥に行けばあるのかもしれませんが、もうやる気ないです。

水はきれいに澄んでいました。

更に山道を下って行けば水の音がします。田んぼ道を横切ると本当の滝があります。高さは三m弱かと思いますが、水量が多い滝です。

千葉県で一番のもみじと聞いてしまったので期待が大きくなった分、これが?と思ってしまいました。自分の考えのみで行ったのなら納得していたはずです。私は自分の感性だけで行動したほうがに性合っています。名前が売れているのでしょうか人が凄く多いのも苦手です。


[タグ未指定]
942 [ 2011/12/31 07:02 ] 夷隅郡大多喜町 | TB(0) | コメント(2)

更に出遅れの秋8蔵玉滝

 国道465号線を秋の写真を求めて走っていた時の事です。なんとなく、かつ直感的に脇道に入ります。ここは蔵玉と言う地名だと思います。ここには何かありそうだと思いました。
渓流が流れます。小櫃川です。

その支流です。やはりです。耳を澄ませば水の音がはっきり聞こえます。

何故か草は刈られているけど道はない崖を降ります。

ありました。滝です。一メートル位の小さいものですが、奥にもあって二段の滝です。

明るくすればこんなでした。奥の滝は二m位かと思います。トンネルを通って水が流れてきます。この上は465号線です。人工のものか、元からあって後に国道が出来たのか不明です。

本当は暗い谷底の滝です。

静かな秋の昼下がり。とかこの年末に言っているのが馬鹿みたいですね。

ちょっとネットで調べてみてもここは出ていませんです。蔵玉にあるのだから蔵玉滝と勝手に言います。
一人勘を頼りに見つけた場所は大した景色でなくてもよろこびはひとしおです。

[タグ未指定]
941 [ 2011/12/30 00:08 ] 君津 | TB(0) | コメント(0)
カテゴリ