千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ


安房中央ダム渇水

 南房総市の国道410号線沿いの安房中央ダムです。渇水などと書きましたが、農業用のダムですので冬の間は貯めてないだけだと思います。

枯れたダムにはわずかに丸山川が流れるのみです。

他にも行くところがあるので簡単に済ませようかと思えば、この橋が気になりました。トンネルの向こうにまた橋があります。

犬切橋です。

下流のほうを見れば少し水が貯まっていますが、

上流側は完全に枯れています。

まるで死の川かと思いました(大袈裟です)

トンネルのそばにはひっそりと原型をとどめていない石像がありました。ちゃんと生花が添えられていてミカンもまだ新しいものでした。地元の方に大切にされているんですね。

三月になります。春です。意味もなく嬉しいです。しかしまだ寒いですね。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
668 [ 2011/02/28 23:54 ] 南房総 | TB(0) | コメント(0)

白井市清水口調整池の白鳥

 ここは2009年の秋のシリーズの時に見つけました。その時にただの調整池なのに白鳥がいて大変に印象に残っていたので、また行ってきました。場所は清水口です。今年は19羽来ているそうです。

巨大な白鳥が隊列を組んで近づいてきました。

ご飯の時間です。世話をする方たちが池にばらまきます。

怒れる白鳥です。何故か後ろで攻撃をしている鴨がいるのに注目です。

最盛期は凄い事になります。白っぽい影は金網です。

しばらくすると白鳥は逆立ちをしました。沈んだ餌を食べているのでしょうが、これは面白かったです。

餌もなくなって、鴨たちは去っていくのに白鳥はまだ逆立ちをしています。

逆光を利用して撮った一枚。ではなくて逆光になってしまったが正解ですね。

なんとか羽を広げているのが撮れました。

ここまで来て、失敗に気が付いています。鳥ばかり写していて、どんな場所か分かる写真を撮っていなかったです。古い写真を引っ張り出してきました。こんな感じの普通の調整池です。

居ついてしまう白鳥がいる中で、ここのは暖かくなるとちゃんとどこかへ移動するそうです。それにしても何がきっかけでこの池に来たのでしょうか。そして餌付けに成功した世話する人もやりますね。ここは一見の価値ありだと思います。

[タグ未指定]
667 [ 2011/02/27 23:50 ] 白井 | TB(0) | コメント(0)

野田 三ツ堀里山自然公園

 気づいてみれば疎遠になっていた野田に短時間ですが行ってみました。
三ツ堀自然公園なるものを見つけました。雪の翌日です。

まず竹林がありました。冬でも緑色の竹は大好きです。竹に雪とはいかにも日本的に思えます。後ろで曲がっている竹の一群は雪の重みのせいでしょうか。それにしてもこの竹は色が薄かったです。私のなかではもっときつい緑なんですけど、冬だからか種類が違うのか分かりません。

柵があって人が入らない、そして日当たりが悪いので雪が完全に残っていました。一瞬北海道の牧場と騙せる?かのようですが、鉄塔が残念です。

雪のおかげで少しは見栄えがしますが、無ければただの荒れ地に見えなくもないです。ここは冬以外の春から秋にはきっと良い公園でしょうね。ざりがにが沢山釣れそうです。

実はすでに暗いのですけど、相当明るめ&赤強調で夕方のように撮りました。

きっと公園をブルドーザーみたいなもので整備の途中に雪が降ったのだと思います。雪と森の黒い土でシマウマみたくなってました。

夏にまた行ってみたい公園です。
調べてみたら44台分無料駐車場もあるし、里山の雰囲気を残しているし、穴場かもしれませね。

コメント欄で雪の話が出たので便乗してしまいました。

[タグ未指定]
666 [ 2011/02/27 08:01 ] 野田 | TB(0) | コメント(0)

南房総市 酪農のさと。

 南房総市の国道410号線ぞいに日本酪農発祥の地なるものがありました。
なにゆえ発祥の地なのか、ここのページを見てみれば
酪農発祥の地は、馬の放牧地としてスタートした。 戦国時代(1500年代)に国守里見氏が軍馬を育てる目的で嶺岡牧場を創った。 その後江戸幕府が嶺岡牧場を直轄する。 8代将軍吉宗は馬の改良に力を入れ外国産の馬を輸入した。 その際に印度の白牛3頭が入ってきた。
 白牛は年々繁殖し、1793年からは搾った牛乳から白牛酪が作られるようになった。 バターのような白牛酪は、始め将軍への献上品であったが後に生産量も増え庶民にも販売されるようになった。 このことが日本の酪農のはじまりである。

看板よりもこの山のほうが目立ちますね。素晴らしいところです。が冬に行くところでは無いですね。緑の草を牛がのんびり食べている頃にまたぜひ行きたいです。

山焼きをしています。はるか上には牛がいるのですけど、苦しくはないのでしょうか。

資料館もありました。入り口には殿さまがいまして不思議に思いましたが、これは吉宗なんですね。

酪農にかかわる展示品です。

考えてみれば千葉県は北海道に次ぐ酪農の県なんですよね。千葉県は工業も農業も漁業も凄くてバランスの良い所ですね。

そう言えば山羊もいました。写真は失敗なので載せられません。
ではごきげんよー。

[タグ未指定]
665 [ 2011/02/24 21:34 ] 南房総 | TB(0) | コメント(0)

2011年大雪。

 今年の二月のいつの日か、千葉県では大雪と言える日がありました。私はその時に車に乗っていました。そしていつもの馬鹿な考えが浮かびます。雪景色ではなくて雪そのものを撮れないものだろうか?と。随分とがんばりましたが予想以上に難しく、シャッタースピードが普通では白い線になり、isoを上げまくればザラザラ画面の癖にピンボケになりまして、これは灯りのある所でなければならぬと、雪のなかをさまよいます。そしてこんな写真しか撮れませんでした。こんな写真でもかなりの枚数を撮っています。

そして撮れないならば仕方なし。と沢山降っているのを分かるように方向転換しましたが、なんかだめですね。

もうだめだ。やはり私は風景しか撮れないんだ。とまた方向転換です。これなら少しは見れる写真かと思います。

夢中になって撮っていたらいつの間にか積っています。車の制御はほとんどきかなくなってきましたが、こんなときでも以外と運転は上手いのです。この日も無事帰宅です。

なんとか写真ネタのためにウロウロしますが、こんな時ほど焦りのせいか見つからないものです。

ちょっと脇道に入ると人も車も全く居なくて、このまま一人で違う世界に行ってしまいそうな気がしました。詳しくは分からないですけど、雪国って大変な所ですね。実はこれまでの写真はどれも車から降りずに撮っているのにもかかわらず、孤独感を感じました。

今日今まで季節外れの写真ばかりでしたが、次回から今年の冬に撮った写真を載せていきます。


[タグ未指定]
664 [ 2011/02/24 00:38 ] 未分類 | TB(0) | コメント(2)