千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ

高崎 達磨寺

群馬県高崎市の少林山達磨寺です。創建は300年ほど前との事で、私が思うよりも新しいお寺です。ここは縁起だるま発祥の地だそうです。
IMGP8825_.jpg
この時は早朝です。深夜に千葉県を出て朝に高崎に着きました。
IMGP8848_2.jpg
IMGP8807.jpg
だるまだらけです。
IMGP8814.jpg
IMGP8838.jpg
IMGP8842.jpg
この建物は観音堂です。
IMGP8858.jpg
取りあえず、簡単に写真をとりました。ここから本格的にじっくりといくはずでしたが、ババアが何故かずーっとこっちを見ています。いい加減頭にきて視線を合わせたら、写真を撮るなら住職さんの許可を取ったほうがいいと言われました。あなたはお寺の関係者ですか?ただの偏屈ババアですか? なんだか分からないけどもういいです。他に行きます。
IMGP8860.jpg
やはり旅は人が大きい割合を占めていると改めて思いました。私の場合、何て事のない場所でもいい人と出会えばよき思い出となりますが、凄い景色でも嫌な人種と会えば、最低の場所てず。酔った末の毒はここまにします。

今回を含めると四回続けて千葉県以外を載せています。それならこの機会にしばしの間、他県をやろうかなと思います。
スポンサーサイト




[タグ未指定]
2177 [ 2019/06/12 23:46 ] 群馬県 | TB(0) | コメント(0)

碓氷湖

群馬県安中市の碓氷湖です。人造湖です。二つの川が流れ込み、この湖で一緒になり、出口は碓氷川一本で、たどっていくと利根川につながります。ここの標高は527メートルだそうで、千葉県の標高よりもかなり高い場所にあります。恐るべし他県、と言うよりも恐るべし千葉県の低さと言った所でありましょうか。
IMGP9579.jpg
この湖でまず目に入ったのは正面のこの橋です。普通に撮っているだけではもったいない素材なので、
IMGP9619.jpg
こんな風に撮ったり、
IMGP9665.jpg
こんなにしたり。
IMGP9674_.jpg
右側には大きい橋があります。
IMGP9603.jpg
左には坂本ダムです。
IMGP9924.jpg
ダムのほうに歩くと、2本の橋が一緒に見えました。
IMGP9695.jpg
これがダムですけど、水が流れていないので省略です。
IMGP9742.jpg
IMGP9772.jpg
遊歩道を歩いて、小さいほほえみ橋に来ました。
IMGP9785.jpg
IMGP9800.jpg
橋から見るダムです。
IMGP9822.jpg
そして大きい夢のせ橋に向かって歩きます。
IMGP9835.jpg
するとトンネルがありました。
IMGP9841.jpg
中は灯りがついていて、歩きやすいです。
IMGP9854.jpg
この夢のせ橋に2本の川が流込んでいます。
IMGP9891_2.jpg
いやーここは気に入りました。本当に静かな湖でした。この時は人もほとんど居なくて、歩くも良し、のんびり弁当でも食べるも良しですね。そして気に入った場所だからこそ色々なパターンで大量に撮っていて、いっそ3回に分けて載せようかと思いましたけど、そろそろ千葉県に戻りたくなり無理やり一回でまとめました。
また機会があれば行ってみたい湖でした。

[タグ未指定]
2096 [ 2018/05/20 06:05 ] 群馬県 | TB(0) | コメント(0)

碓氷峠 第六橋梁

碓氷峠の鉄道施設の
IMGP1241.jpg
第六橋梁です。もう暗いです。
IMGP1214.jpg
前二回とは撮った日が違います。前二回は旅の行きのもので、この回はもう急いで帰らなければやばい中、慌てて撮っています。本当は橋の下まで行きたかったけど、我慢して
IMGP1245_.jpg
望遠で撮っています。
IMGP1231.jpg
碓氷峠を車で走っていたら、他にもいくつか鉄道施設がありましたけど、予備知識は限りなく少なくて、そしてここを目標にした旅では無かったので、素通りした施設が多くて残念でした。今度はここの鉄道施設をメインに写真を撮りに行きたいものです。それ位凄いと思った次第です。

そして碓氷峠の鉄道施設の1回目はパナソニック、2回目はキャノン、この3回目はペンタックスの写真です。各メーカーの写り方の違いが出たと思います。しかしながら、今回のペンタックスでは、いつものフィルムモードの雅ではなくて、ノーマルモードにしました。雅では暗くなると、ちょっと不自然に派手すぎなのはこのブログではいつもの事ですので、ここでは珍しくノーマルにしました。

次回はこの近所の碓氷湖をやります。

[タグ未指定]
2095 [ 2018/05/17 22:06 ] 群馬県 | TB(0) | コメント(0)

碓氷峠 第二号トンネル

碓氷湖の近くにこんなトンネルがありました。
_MG_8246.jpg
レンガ造りの重厚なトンネルです。前回のめがね橋よりもこのトンネルの方が先に撮ったのですが、有名なめがね橋を先に載せました。
_MG_8255.jpg
_MG_8355.jpg
_MG_8262.jpg
このトンネルはちゃんと照明があって歩きやすいかと思います。
_MG_8336.jpg
トンネルを抜けてから、この表示で第二トンネルと知りました。なにしろ私は完全なおのぼり?さんで、予備知識はめがね橋が有名と言う事しか知りませんので、碓氷湖に行ったら、このトンネルがあった。なにか凄いので写真を撮ろう、位のものです。
そして話は大幅に変わります。今回のカメラはキャノンのものです。どうでしょうか。緑色がだめですね。
_MG_8283.jpg
キャノンは赤と青はきれいに撮れますけど、緑色は好みではないです。そして私は明るい時間でキャノンを使うのをあきらめました。どんな条件があるのか分かりませんけど、たまにとてもきれいな緑が撮れる事があるのですが、大体はこのようなくすんだ色になります。多くのファンがいるキャノンですけど、これじゃ使えないよ。と偽らざる本音が出ます。散々見下されてきた、ペンタックス、パナソニックのほうが好みのいろが出ます。ただし夜景の写真では、キャノンのものが一番いいです。そんな事で、昼はペンタ、夜はキャノンと住み分けが出来ていて、長い間この2メーカーでやっています。
_MG_8313.jpg
また話は変わって、道の端にはレールが無造作に落ちていました。
_MG_8317.jpg
次は碓氷第六橋梁です。

[タグ未指定]
2094 [ 2018/05/15 20:37 ] 群馬県 | TB(0) | コメント(0)

碓氷峠 めがね橋

群馬県安中市の通称めがね橋、碓氷第三橋梁です。
P1120474.jpg
私の写真ではなんて事ないようですが、この山深い峠に鉄道を通すのは大変だったと思います。
P1120381.jpg
全容が写るほど下がれないし、広角レンズも持っていないです。
P1120450.jpg
仕方ないので、
P1120384.jpg
分割です。左側です。
P1120462.jpg
右側です。4連の橋です。
この時はいつものペンタックスカメラではなくて、久々のパナソニックg1です。空はまだ青空が残っていたのに、完全に白く飛んでしまいます。色の再現性は、今使っている、キャノン、ペンタックスよりも、実物に近いし、小さくて軽いのは使い勝手はいいのですけど、簡単に白とびするのがどうしても気に入らなくて、使う頻度が減っていったカメラです。それなのにどうしてここにパナソニックのカメラを持ち出したかと言えば・・・?2泊の旅で見知らぬ土地です。いつもより多くの写真を撮ることが予想されます。すると充電しなければなりません。それならカメラを多く持って行けば充電の手間が無くなるかも、と思いました。そして順番に使っていたら、このメガネ橋がパナソニックになったです。ですが結果的には、千葉県巡りよりも移動時間が多くて、思ったよりも電池は減らず、ペンタ一機で間に合った次第です。
話は大幅にずれました
P1120409.jpg
とにかくここはすごいと思いました。日本最大の煉瓦づくりアーチ橋とは納得です。
P1120424.jpg
写真を撮っていると、橋の上には歩いている人がいました。アプトの道として整備されているそうです。大変興味はありますが、入り口が分からないです。ぎりぎりの時間で来ていますので、ここはあきらめました。
P1120412.jpg
ここは歴史的建造物と言うにふさわしいと思いましたです。
P1120442.jpg
そして前回からの話をします。長尾川めがね橋を見たのが2018年1月でここ碓氷峠めがね橋を見たのは2017年6月です。先に碓氷峠の橋見て、後から長尾川めがね橋を見れば同じめがね橋でも違いは大きいと思った次第です。
そしてせっかくだから、群馬の鉄道施設をキャノンカメラとペンタックスカメラで撮ったものを載せます。

[タグ未指定]
2093 [ 2018/05/11 01:34 ] 群馬県 | TB(0) | コメント(0)
カテゴリ
月別アーカイブ