千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ


徳島県鳴門市 渦の道

淡路島と鳴門市をつなぐ大鳴門橋には渦の道と言う遊歩道があります。
IMGP0111_.jpg
このように歩きやすい道です。上は有料道路ですが、車の音とか振動は皆無だった気がします。
IMGP0124_.jpg
所々にはガラス張りでしたが見えるようになっていました。
IMGP0122.jpg
修学旅行生とか中国人が、がんがん踏みつけていました。でも割れません(当然ですね)
IMGP0207.jpg
それにしても見晴らしの悪い日です。
IMGP0170.jpg
すぐ近くにある飛島だけは見えました。無人島で灯台だけがある島のようです。
IMGP0152.jpg
一番奥まで行くと広いスペースがあります。下ののぞき窓を見るよりも
IMGP0192.jpg
ガラス越しに横から見るほうがこの時は良かったです。
IMGP0173.jpg
潮がぶつかって
IMGP0182.jpg
複雑な動きはしていましたが、渦は?どこにある?
P1020439.jpg
IMGP0196.jpg
もしかしてあれか?
P1020446.jpg
どうも渦にはなりきれないようでした。ボランティアのガイドと思われる方に聞いたところ、いつどこで渦になるとは断言できないそうで、残念ですがもう諦めました。
P1020458.jpg
そんな中でこの橋の構造は見事だと思いました。がしかし撮り方が旅日記の写真です。もっとコントラストを強く、白とびにびびらずに明るく撮れば良い題材だったです。もう疲れで、集中力が鈍っていたようです。
P1020470.jpg
こんな感じの残念だった渦の道からでした。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
2049 [ 2017/11/23 01:07 ] 徳島県 | TB(0) | コメント(0)

徳島 鳴門山展望台 東洋一のエスカレーター

今回の写真は2012年2月のものです。7泊の旅で、雨が降らなかった日は1日だけと散々な旅でした。途中で楽をして帰ろうかとちょっと思いましたが、どうしても今まで行ったことのなかった四国に行きたくて、半ば強引に徳島に着きました。そして鳴門の渦が見たかったのに、この辺りは意外と地形が複雑で、たどり着いたのはここでした。東洋一のエスカレーターと書いてあるのでこれは行ってみようとしました。確か入場料を払った気がします。
IMGP0261.jpg
これは確かに長いです。名はエスカヒル鳴門と言って、68mもあるそうです。
IMGP0058.jpg
IMGP0062.jpg
屋根部分はガラスで外がよく見えます。
IMGP0065.jpg
よく分からずにここに着きました。なんだこれは。
IMGP0082_.jpg
本当はここを鳴門山展望台と言うようですが、雨と疲れでどうでもよくなっていた記憶があります。
IMGP0084.jpg
肝心の眺望はこれです。視界は最悪です。撮った時間は午前10時半から11時位なので、時間が悪いのではなくて、天候が良くなかったです。
IMGP0068.jpg
IMGP0071.jpg
残念な気持ちがありますが、これも仕方なし。また機会があったらここに来ればいいや。とはこの時は思いませんでした。それほど車で行くには遠い場所です。
IMGP0080.jpg
そんな悪天候でもまだ悪あがきをすます。次回は撮れなかった鳴門の渦です。

昨今千葉県ではチバニアンが話題になり、ブログでは紅葉の写真が花盛りですけど、そんな流行には背を向け自分のペースで行きます。本線である千葉県にはいつ戻ろうか、気が済むまで他県を続けるのか、その時の気分次第で決めます。

[タグ未指定]
2048 [ 2017/11/19 19:12 ] 徳島県 | TB(0) | コメント(0)

徳島県発二日酔いまでの後悔街道大鳴門橋

 今年の冬に行った旅では今までに行った事が無かった四国を目標にしました。そしてなんとか徳島県鳴門市まで到着しましたが、ずっと雨でしかも時間的な焦りと異常な疲労で四国の入り口たる鳴門市で引き返してきました。大鳴門橋です。淡路島と四国を結ぶ橋です。条件さえ揃えばこの橋の下にあの有名な渦潮が見られますが、パンフレットに出ている見事な渦は滅多に見られないそうです。

この時は午後12時です。雨と霧で視界が悪くろくな写真ではありませんが、行った証拠?に一枚載せです。写真の数は大量にありますので機会があればまたです。

[タグ未指定]
1060 [ 2012/05/30 07:15 ] 徳島県 | TB(0) | コメント(0)
カテゴリ