千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ

大多喜町上原の神社

大多喜町上原の田んぼの中にある神社です。名称は分かりません。後ろにはいすみ鉄道が通っています。せっかくだから電車が来るのを待って写真を撮ればよかったと思いますが、もう遅いです。後悔先に立たずってやつですね。このブログ名も後悔の二文字が入っているので、もうこれで良しとします。
_IGP9075.jpg
撮ったのは夏の終わりで、稲は色づいています。
_IGP9080.jpg
_IGP9087.jpg
小さな小さな神社です。
_IGP9095_2.jpg
石碑がありましたけど、神社の歴史ではなくて土地改良の事が書かれていました。
_IGP9114.jpg
_IGP9111_.jpg
_IGP9129.jpg
左側には賽銭箱です。
_IGP9123_.jpg
稲と神社でとても日本らしい風景でした。
_IGP9137.jpg
それではまたです。
スポンサーサイト




[タグ未指定]
2307 [ 2021/01/23 22:45 ] 夷隅郡大多喜町 | TB(0) | コメント(0)

大多喜町紙敷 名もなき滝と紅葉

大多喜町紙敷からです。
_IGP4380.jpg
紙敷川にかかる栂木橋(栂は、とが、つが、と読むらしいです)に来ると、結構な水の音が聞こえます。この音は滝ではなくとも多くの水が流れています。
_IGP4386.jpg
簡単に下に降りれます。実はここに来るのは2度目です。1度目の写真はいずれやるであろう大多喜の滝シリーズで載せるとして、
_IGP4268.jpg
今回は滝と紅葉です。昨年2019年11月に撮りました。
_IGP4362.jpg
_IGP4284_.jpg
雨の降った直後に来ていますので水量が多いです。山をくり抜いてトンネルから流れ込む滝で、いわゆる千葉県に多い川まわしの滝ですね。
_IGP4300.jpg
トンネル内ともっと先はどうなっているのかもっと知りたいですが、この時は水が上から流れてきて岩場を濡らし、下はかなりの水が流れていてこれ以上進めません。
_IGP4316.jpg
それなら仕方ないので、ちょうどいい色だったもみじと一緒に撮ります。それにしても、もっと背景をぼかした方がいいですけど、自分が持っているレンズは本当にボケがだめです。安物の便利ズームなのでやはりだめなんですね。と自分の下手さを棚に上げてほざきます。
_IGP4343.jpg
滝の横にはよく分からない穴がありました。
_IGP4328.jpg
最後に滝と紅葉が一応バランスが取れた??この写真で終わります。
_IGP4271_.jpg
そしてちょっと驚いたのが、この滝の名称がどれだけ調べても出てこないです。もちろん私の調べ方が馬鹿すぎなのかもしれませんが、もしかして本当に名前が無いような気がします。なので栂木橋の近くにあったので、栂木滝と勝手に言います。もしも知っている方がいたなら教えてくださいね~。

[タグ未指定]
2290 [ 2020/11/25 22:51 ] 夷隅郡大多喜町 | TB(0) | コメント(0)

大多喜 平沢ダム

大多喜町の平沢ダムです。この看板を要約すると、この地域では天然ガスと多量の塩分を含んだかん水が噴出しており、河川の塩分濃度が増大して農家は著しい被害を受けているそうです。そしてこのダムは塩分濃度を稲作に影響しないように希釈する為に造られたダムのようです。
_IGP3481.jpg
取り合えず道はありますので車を走らせました。
_IGP3461.jpg
するとデッキっぽいものとベンチがありました。
_IGP3502.jpg
_IGP3499.jpg
見どころは正直言うと少ないです。
_IGP3508.jpg
そんな中、水没した木立がありました。
_IGP3522.jpg
_IGP3520.jpg
ダムに掛かる橋から上流部分を見ると、この一本の木がいいと思いました。
_IGP3532.jpg
これをどう撮ろうか試行錯誤です。所でこの写真は2019年の11月のものですので、ススキが見えます。
_IGP3544.jpg
_IGP3547.jpg
以上大多喜町平沢からでした。

[タグ未指定]
2251 [ 2020/05/29 20:58 ] 夷隅郡大多喜町 | TB(0) | コメント(0)

大多喜 水溶性天然ガス企業発祥の地

千葉県と言えば。天然ガスの埋蔵量が日本一なのだそうです。千葉県に住んでいながら、そんな意識は全くないですけどね。ここは大多喜町猿稲です。
IMGP0342.jpg
そしてここが大多喜ガスの発祥の地なんですね。
IMGP0348.jpg
いすみ鉄道の横にあります。
IMGP0366.jpg
この建物が気になりますが、関係者以外立ち入り禁止と書いてありますので、遠くから写します。
IMGP0363_.jpg
こんな時は望遠レンズはやはり重宝します。どれ位の望遠があればいいかと言うと、あればあるだけいいです。手振れなどは、何枚も撮っていれば、その中に一枚くらいはぶれてない写真が撮れます。
IMGP0365.jpg
大多喜の良い所は、大多喜駅周辺では、このようにあちらこちらにこの様な説明の看板がある事です。それがちょっと外れると何も無くなるんですけどね。
これから秋が深まり、年末へ向けてせわしなくなります。個人的には嫌いな季節になります。それでは、またです。

[タグ未指定]
2210 [ 2019/11/14 06:52 ] 夷隅郡大多喜町 | TB(0) | コメント(0)

大多喜 木橋

この時は2017年の春です。これと言った目的も無く大多喜に行きました。とりあえず行けば何かあるだろう。いつもこんな感じの旅をしています。そして大多喜県民の森にたどり着きます。しかし、人が多くていく気になりません。そして車を走らせると、こんな林道になりました。これはこの先は未舗装になりそうで、後で苦労しそうだと判断して、少し戻って
IMGP6881_.jpg
木橋 砂防ダムと書かれたほうへ行ってみました。イノシシ注意ですか。ちょっと怖いけど好奇心が勝ります。
IMGP6886.jpg
ダムは見えずとも、水の流れる音は大きく聞こえました。
IMGP6890.jpg
これがダムです。発電用とか溜池のダムではなくて、砂防のものなので小さいです。
IMGP6900.jpg
ここに来て思ったことは、川の両側は木が紅葉する木ばかりで、晩秋には以外と写り栄えするかもしれないな。です。
IMGP6908.jpg
木橋へ向かいます。
IMGP6909.jpg
かなり古びています。
IMGP6925.jpg
IMGP7054.jpg
木橋の下は小川が流れていています。
IMGP7045.jpg
この川は3つか4つの違う方向から、ここに集まってきています。
IMGP6948.jpg
水はきれいです。
IMGP6945_.jpg
IMGP6980_.jpg
そして多くの動物の足跡がありました。きっとここに水を飲みに来ているのでしょう。
IMGP7066.jpg
いやー静かでいい所だと、和んでいたら・・・。イノシシの足跡がありました。跡からするとついさっきのもののようです。
一瞬で和み脳からびびり脳へ変換です。ここは危険だ!でもイノシシの足跡を撮っておかねば。で撮った写真は、ブレブレで載せられるものではありません。ネットの動画を見ると、やはり猪突猛進と言う言葉があるように、怖い動物です。熊のいない千葉県では、イノシシがもっとも怖いです。

[タグ未指定]
2188 [ 2019/08/04 23:55 ] 夷隅郡大多喜町 | TB(0) | コメント(0)
カテゴリ
月別アーカイブ