千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ


匝瑳から夜景 天神山

匝瑳市八日市場の天神山公園からです。
ここは、以前にこれ位なら夜景を撮れるとしました。その時のもの 
昼に見るのと随分印象が異なります。
_IGP6058.jpg
これは安いけど、写りがいい評価のキャノン50mm f1.8の写真ですけど、何とも使いづらい焦点距離でして、結局はほとんど使っていません。
_MG_4704.jpg
また雨ですね。いささかげんなりな日曜の夜です。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
1886 [ 2015/09/06 22:14 ] 匝瑳 | TB(0) | コメント(0)

匝瑳市飯塚沼農村公園

匝瑳市のふれあいパーク八日市場に隣接する、飯塚沼農村公園からです。
_IGP5879.jpg
特になにがあると言うわけではないですが、のんびりとした公園です。
_IGP5881.jpg
_IGP5889.jpg
_IGP5892.jpg
_IGP5924.jpg
今回の写真は春のもので、つつじが満開でした。
_IGP5930_.jpg
_IGP5943.jpg
_IGP5952.jpg
菖蒲もありましたが、まだ少し早かったです。
_IGP5960.jpg
_IGP5965.jpg
_IGP5979.jpg
水面に映るつつじの赤をバックに菖蒲をとりましたが、なにかうまくないです。ここら辺が我がセンスの無さです。
_IGP6008.jpg
そう言えば八日市場は日本でも有数の植木の産地です。
_IGP6048.jpg
いつも季節外れの写真を載せていますが、もうあまり気にしないです。

[タグ未指定]
1790 [ 2015/02/22 21:06 ] 匝瑳 | TB(0) | コメント(0)

匝瑳市大寺 龍尾寺

匝瑳市大寺の龍尾寺です。全くの予備知識は無いけど、関東三龍之寺の看板を見たら興味が湧いて立ち寄ってみました。
_IGP1040.jpg
この雰囲気のある門から下った場所にあります。
_IGP1029.jpg
そして右に曲がると門があります。
_IGP0929.jpg
中に入りました。ですがお寺の整備の方々が休憩をしていまして、これ以上は足が進みません。
_IGP0937.jpg
ですので横に目を向ければ、なにやら説明書き看板が出ていました。簡素に書くと空海がこの地に七日間来た際に掘った井戸(間違った解釈かも)みたいです。
_IGP0957.jpg
これが井戸です。
_IGP0969.jpg
ちょっと離れた場所には、洗眼はもとより、飲料水としても使用される、と書いてあります。個人の感覚ですが、洗眼できる水と言うのは飲料水よりも更にきれいな水なのでは、と思います。
_IGP0980.jpg
龍の口から水が出て、
_IGP0986.jpg
下の受け口は、
_IGP0988.jpg
亀です。
_IGP0996.jpg
ここで三龍の説明をば、自己流になるべく簡素に書いてみます。
かつて印旛沼の干ばつで、沼の龍神が雨を降らせました。住民は救われたのですが、天の怒りを買い体を三つに切り裂りさいて、下界に投げ落としたそうです。その頭の部分は栄町龍角寺、胴体は印西龍腹寺、尻尾の部分はこの龍尾寺で住民が大切に祀ったそうです。
印旛郡地区である印西市と栄町が龍にゆかりがあるのは知っていましたが、印旛沼文化圏とは違う匝瑳市に龍の尾があるのは知りませんでした。なんでも興味があれば行ってみるものだと思います。
そして関東三龍寺じゃなくて、北総三龍寺と言う方が正解なのではないか?などと思いつきで書いています。

[タグ未指定]
1714 [ 2014/10/03 05:50 ] 匝瑳 | TB(0) | コメント(0)

老尾神社の外にある石碑

老尾神社の大杉を撮り終わって、外に出てみれば、何かがありました。
_IGP6865_.jpg
右の棒は文化財に建っているものなので、これはじっくり見ようとしました。
_IGP6868_.jpg
これは何だろう。
_IGP6856.jpg
頼りのはずの案内棒もほとんど読み取れず、パソコンで拡大して何とか老尾神社と書いてあるのを確認できました。今は完全に神社からは離れていますが、かつてはここも老尾神社内だったと言う事なのでしょうか。
_IGP6857.jpg
梵字が書かれていますがさっぱり意味が分かりません。
_IGP6862.jpg
気にはなるけど調べようのない場所です。

[タグ未指定]
1672 [ 2014/08/03 08:13 ] 匝瑳 | TB(0) | コメント(0)

下総国匝瑳郡総鎮守だった事もある老尾神社

千葉県匝瑳市生尾にある老尾神社です。
_IGP6790.jpg
社伝によれば崇神天皇7年(紀元前91年)の創建だそうです。紀元前の神社とは相当凄いです。
平安時代の延喜式によると式内社で、領域の式内社は当社の他は香取神宮のみであり、下総国匝瑳郡惣社とされ、匝瑳大明神とも称された。そうですが、
_IGP6780.jpg
この衰退ぶりは何故なのでしょうか。
_IGP6795.jpg
_IGP6798.jpg
正平24年(1369年)に社殿を焼失し、千葉氏によって再建された。以降、千葉氏の保護を受けたが、千葉氏の衰えとともに当社も衰退した。なのだそうです。
ここをみるとそんな大きい神社とは思えなかったですが、私はどんな場所でも真剣に写真を撮っていますし、お寺よりも神社は写真を撮るのに適しています(個人的ではですよ)そのうちに寺と神社の違いをねっちり書きたいと思いますが、多くの人は違いをそんなに気にしてないのかなと思うし、私個人も明確に説明する能力がないのに、書いていて今頃になって気が付いています。間違っているかもしれませんが、神社は日本の土着のもの、お寺は中国より伝来のもので明治時代に正式に分離されて、似ていて違うものと理解しています。また言わなくてもいいことを言いだしていますが、ようは好きな被写体の神社を薄暗い悪条件でも真剣に撮っていると言いたかっただけでした。
_IGP6809.jpg
それにしてもかつての威厳がある神社には思えない地味な神社です。
_IGP6816.jpg
見た目よりも暗いので、これでも三脚を持ち出して撮っています。
_IGP6826.jpg
ここは全体に木が大きいですが、境内の後ろにある杉はその中でも大きいです。
_IGP6841.jpg
匝瑳市の文化財です。
_IGP6844.jpg
それにしても、その大きさが写真では伝わりません。まだ修行が足りません。近くで見れば写真よりも大きい木です。
_IGP6843.jpg
まったくもって纏まりがありませんけど、匝瑳に昔は凄かった神社がある。で〆ます。

[タグ未指定]
1671 [ 2014/08/01 03:16 ] 匝瑳 | TB(0) | コメント(0)