千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ

いすみ市万木 三光寺と堰3

前回の池の上で三光寺本堂の並びにはこんな堰がありました。池ではなくて堰としたのは、ここは堰き止めた池に見えたからです。
IMGP6316.jpg
この時は若葉の季節です。
IMGP6320.jpg
IMGP6348_.jpg
いい季節でした。
IMGP6334_.jpg
ちょっしたベンチがありました。
IMGP6350.jpg
IMGP6353.jpg
木立が水没していたので、詳しくは分かりませんが最近堰き止めたのではないかと思います。※この写真は2017年のもので、今はどうなっているのか不明です。
IMGP6397.jpg
IMGP6375_.jpg
ベンチに座って一休み。誰もいなく、聞こえるのは鳥の鳴き声と風の音のみ。まるで高原の湖にいる錯覚をしました。贅沢なひと時でありました。それと気分転換にはいい場所だと思います。
束の間の休息を終え、また旅に出ました。
スポンサーサイト




[タグ未指定]
2165 [ 2019/04/23 00:26 ] いすみ | TB(0) | コメント(2)

いすみ市万木 三光寺と堰2

三光寺の下にある池です。
IMGP6449_.jpg
IMGP6409.jpg
とにかく誰も居なかったのが個人的に好印象です。
IMGP6419.jpg
でもここに座ってのんびりしようとは思いませんでした。
IMGP6424.jpg
理由はこの水質です。
IMGP6437.jpg
決して汚いとは言えません。このような池に魚やザリガニ、おたまじゃくしがいます。しか水が濁っています。
IMGP6226.jpg
IMGP6427_.jpg
そして次回3回目で本当に載せたかった、堰をやります。

[タグ未指定]
2164 [ 2019/04/20 00:15 ] いすみ | TB(0) | コメント(0)

いすみ市万木 三光寺と堰

いすみ市万木(まんぎ)の三光寺をやります。この時は2017年の春です。桜だか桃かの花が咲いていました
IMGP6139.jpg
IMGP6172.jpg
IMGP6178.jpg
予備知識はいつものように全くありません。階段を登ります。
IMGP6190.jpg
IMGP6196.jpg
北辰妙見大菩薩と書かれています。
IMGP6229.jpg
IMGP6207_.jpg
IMGP6213.jpg
下には池があり、休憩も出来そうです。ここは次回にやります。
IMGP6222_.jpg
登った階段を下り、向かいの登ると本道です。
IMGP6232.jpg
IMGP6285.jpg
IMGP6293_.jpg
後で調べてみれば、この建物の中には木像の弁天様がいるようです。しかし何も知らず来ているので残念ですが、再度ここに来ないと見れません。
IMGP6298_.jpg
上総国薬師如来霊場二十二番です。
IMGP6304_.jpg
しかし、ここはお寺であるからには創建の年がありますが資料が探せなかったです。
次回はお寺の下にある池をやります。

[タグ未指定]
2163 [ 2019/04/18 00:35 ] いすみ | TB(0) | コメント(0)

いすみ市長志 ぽっくり寺こと顕妙寺

いすみ市を車で走っていたところ、こののぼりが大通りから並んでいたので立ち寄ってみました。
IMGP0240.jpg
長生きして長患いせず亡くなるときはホ゜ックリと言う事であります。
IMGP0231.jpg
去年の冬の写真です。
IMGP0333.jpg
境内は広びろとしています。弘安6年(1283)創立で中山法華経寺の末寺なのだそうです。
IMGP0219.jpg
IMGP0223.jpg
IMGP0227_2.jpg
ボタンを押すと、このお寺の説明が聞けます。
IMGP0306.jpg
お寺の裏の崖下には小さい池がありました。
IMGP0250.jpg
IMGP0274_.jpg
屋根の上のこの玉が気になりました。銅で出来ていて、うまく作ってあります。
IMGP0276.jpg
こんな感じのお寺でした。

[タグ未指定]
2102 [ 2018/06/10 20:43 ] いすみ | TB(0) | コメント(0)

いすみ 名跡尾骨神社

いすみ市山田にある、尾骨神社です。読みづらいですが名跡尾骨神社と書いてあります。
IMGP6517.jpg
名跡と言う割には、小さい神社です。
IMGP6520.jpg
IMGP6527.jpg
IMGP6537.jpg
この地方を支配していた平広常が、ここに架かる橋を馬で通ったさいに、馬が躓いて尾骨を骨折した事からこの名前が付いたそうです。平広常は石橋山合戦に敗れた、源頼朝を二万騎をもって支援し鎌倉幕府設立に貢献しましたが、後に頼朝の怒りを買い鎌倉で謀殺されたそうです。馬の死は広常の非業を予告したものと伝えられているそうです。
IMGP6532.jpg
馬の骨折した尾骨橋はこんなに短いです。
IMGP6546.jpg
その下を流れる川です。
IMGP6548.jpg

久々に千葉県の写真を載せました。
前3回の富士山本宮浅間大社、湧玉池、神田川とは神社があって、川があって、橋も謂れのあるもので、ある意味似ていて、それでいて地味すぎる千葉県らしいこの場所をあえて載せてみました。
写真の出来は酷いものですけど、天気も悪いし、下手なのだから仕方なしです。

[タグ未指定]
2055 [ 2017/12/17 22:08 ] いすみ | TB(0) | コメント(2)
カテゴリ
月別アーカイブ