千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ

印西市和泉のお堂

ここは印西市和泉です。空き地に趣のある建物がありました。
_IGP8454.jpg
周辺に鳥居とかは無くて、ぽつんとこのお堂だけありました。
_IGP8566_2.jpg
_IGP8545.jpg
後でネットで調べれば分かるだろう。と写真だけを撮っておきます。
_IGP8486.jpg
_IGP8503.jpg
中に入って壊れてしまったら大問題なので、外から望遠で撮っています。
_IGP8492.jpg
_IGP8521.jpg
_IGP8494.jpg
_IGP8526_.jpg

そして戻って調べてみたところ、手がかりなしでした。残念ですがもうお手上げです。どなたか知っている人が居たら教えていただければ幸いです。
スポンサーサイト




[タグ未指定]
2275 [ 2020/09/11 01:13 ] 印西 | TB(0) | コメント(0)

千葉県古墳色々9印西 平賀駒込古墳

印西市平賀学園台にある平賀駒込古墳です。古墳の表記は何処にもなかった気がするので、ここは古墳と言うよりも、かけっこ広場のほうが通る名称なのでしょう。
_IGP1009_.jpg
外観です。
_IGP0999.jpg
_IGP0995_.jpg
_IGP0957_.jpg
_IGP0920.jpg
これは前方後円墳らしいですが、そのようには見えず、楕円の円墳に見えました。
_IGP0974.jpg
詳しい事は分からないので、そのままにしておきます。分からない事は分かりませんです。
_IGP0945.jpg
なんとなくのんびり過ごすにはいい公園だ思いました。
_IGP0942.jpg
_IGP0948_2.jpg
もうちょっと古墳をやります。その後はまだ古墳をやるのか、次の展開にいくのか考えています。そして何の反響も無い事実を受け止めなくはなりません。写真も文も何かが足りないのでしょう。
でもこの酔っ払いにはそんな難しい事は無理なのでした。

[タグ未指定]
2230 [ 2020/02/15 02:47 ] 印西 | TB(0) | コメント(0)

千葉県古墳色々3印西 道作古墳

印西市小林にて車を走らせていたら、この様なものがありました。
IMGP9080_2.jpg
道作古墳群と書いてあります。
IMGP9088_.jpg
IMGP8990.jpg
この看板によると、後で出すこの古墳群の一番大きい前方後円墳が残されているようです。
IMGP9097_.jpg
ほんの少しですが駐車場完備です。
IMGP8995.jpg
晩秋に撮りました。
IMGP9016.jpg
この前方後円墳は長さ46メートルとの事です。埴輪の破片の破片も出土されているそうです。
IMGP9050.jpg
IMGP9065_2.jpg
あとは円墳がいくつかあります。
IMGP9037.jpg
IMGP9031.jpg
埴輪や土器を探そうと穴を掘ったり、又、見つけても持って帰ってはいけませんです。
IMGP9007.jpg
これは土塁でしょうか。
IMGP9022.jpg
古墳も今回で3回目です。大した古墳ではなくとも、一応古墳広場として整備されたものを載せました。でもそればかりでは個人的に面白くないので、次回からはなんだこりゃ??の古墳を少しのせます。

[タグ未指定]
2224 [ 2020/01/26 02:40 ] 印西 | TB(0) | コメント(0)

印西 ひょうたん島池の秋

印西市竹袋のひょうたん島池です。ひょうたん島と言うからには池の中に島があるのかと思いましたが、見当たりませんでした。
IMGP6251.jpg
テント群が見えました。
IMGP6254_2.jpg
コスモスふれあいまつりなるものをやっていたようです。そした私はふれあいたくないし、祭りも嫌いなので、遠巻きに居ます。今回の写真は2017年の秋のものです。そして今年もふれあいまつりは開催されたそうです。それが今日10月6日なのですけど午後3時までだそうで、もう終わってしまいましたね。
IMGP6190_.jpg
それとここの花は写真は私には写真を撮らざるを得ない場所でした。
しかし我がペンタックスカメラは赤色の表現がダメです。色が出すぎて、色がかぶってしまいます。ならば色を薄くすればいいのですが、そうすると青も、得意の緑も冴えない色になって、痛し痒しと言った所でありましょうか。
IMGP6038.jpg
IMGP6058.jpg
IMGP6062.jpg
こう撮ったら何かの意味があるのか言われれば、何もないです。
IMGP6077.jpg
IMGP6119.jpg
それにしてもボケないシグマレンズです。思うように撮れないのは不満ですが、くっきり撮るいつもの風景写真ではシグマレンズがいいです。タムロンレンズはボケはいいのですけど、絞ってもしっかり写らない印象が残っていて、やはりシグマレンズで我慢します。純正は高いし、私が必要とする高倍率ズームはタムロン製のようで買えません。ボケを狙うならf値の大きい単焦点レンズの写りがいいのは知っていますが、行った先で今すぐなんでも撮りたい私は単焦点は向きません。それで結局はシグマの高倍率ズームを使っています。
なんか話がずれました。
IMGP6124.jpg
IMGP6142.jpg
IMGP6152.jpg
IMGP6116.jpg
それにしてもこの時は本当に色とりどりの花が咲いていました。
IMGP6182.jpg
この季節なのでもちろんコスモスも咲いています。花一輪はここでは載せません。理由はブログ更新が面倒になったときに、とりあえずのネタのために取っておくからです。
IMGP6230.jpg
時間も空間も意味も無く飛び越えている我がブログです。
次はどこをやろうかな? あっと驚く場所にしたいです。フォルダーを探します。そして何も無かった・・・。

[タグ未指定]
2202 [ 2019/10/06 16:17 ] 印西 | TB(0) | コメント(0)

印西  武西学園台南街区公園と百庚申塚

印西市武西の武西学園台南街区公園です。この時は2016年夏の早朝です。公園は新しく、周辺の家もまだ少なかったです。
IMGP5406.jpg
IMGP5510.jpg
IMGP5581.jpg
公園自体は普通の中規模の公園です。
IMGP5593.jpg
奥に駐車場で手前が公園です。
IMGP5678.jpg
その間にはフェンスがあって、
IMGP5669.jpg
庚申塚がずらりと並びます。刻像塔10基、文字塔90基でちゃんと100あるようです。
IMGP5432.jpg
この庚申塚は1863年に建てられたものだそうです。庚申信仰は江戸時代に流行して、百庚申は千葉県では北総地域に集中しているそうです。そしてその庚申信仰とは、省略します・・・・。
IMGP5451_.jpg
フェンスの中に入れないのはちょっと残念です。
IMGP5408.jpg
宅地造成される前はここは森の中だったようです。移動をせず、壊しもしなかったのだからこれは貴重なものなのかもしれませんね。正に住宅街に残った奇跡ですね (また大袈裟か)
IMGP5468.jpg
IMGP5444.jpg
IMGP5483_.jpg
離れた所から撮るしかないのですが、おぐらみち きおろしと書かれている石碑が見えました。きおろしは分かります。木下ですね。しかしおぐらみちとは?? って事で調べてみれば、きっと今の印西市小倉台の事ですね。ならばイオンモール千葉ニュータウンの隣の地区です。簡単に言うと駅向こうで随分と近場の道しるべです。と言う事はここはかつての徒歩の交通の要所ではなくて、ひっそりと佇む百庚申塚だったのかなと推測します。
IMGP5656_.jpg
開発の進む印西にて所々残る古いものや自然は私にはとても魅力的に思えます。それもこれも道路の整備が千葉県で一番良いので(あくまで個人的な感想) つい行きたくなる。そして色々なものが見つけやすいから、車で走るのが楽だからと言った感じで行く回数が増えています。そして印西市は載せていない写真が多くなっています。ならば一大特集でもやって全部載せてしまおうかとも思いますが、千葉県全体のブログをやっていますので、こんなバカでも一応はバランスを取りながら載せたほうがいいとの判断でペースを遅くしています。

[タグ未指定]
2134 [ 2018/12/24 23:25 ] 印西 | TB(0) | コメント(0)
カテゴリ
月別アーカイブ