千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ

勝浦市荒川 六ツ雁滝2

前回からの続きです。滝を前から見たくて遠回りで
_IGP5863.jpg
なんとか降りれそうな場所がありました。看板の自然水利とは意味は分かりませんけど、房総の滝をあちこち見ていた時に、この看板があると滝がある事が多かったです。その意味で嬉しくなる文字となります。
_IGP5507.jpg
とは言え見せる滝にはなってはいないので、下まで行ける場所を探します。
_IGP5513.jpg
すると笹の藪の一部に切れ目がありました。
_IGP5531_.jpg
写真で見るよりも歩きずらかった記憶があります。
_IGP5544.jpg
下におりました。まず下流部分です。
_IGP5582.jpg
しかしこの場所からでは滝の全容は見えません。
_IGP5560.jpg
ぐずぐすの泥と水の流れを跨いで、
_IGP5568_.jpg
ようやくちゃんと見える場所に来ました。
_IGP5620.jpg
この時に思った事は、やはり望遠レンズって便利です。一時期単焦点レンズをよく使っていたことがありますが、この様な場所では全く使い物になりません。もちろん単焦点のほうがここ一点では写りがいいのでしょうけど、私の用途では望遠レンズしかありません。
_IGP5621.jpg
_IGP5651.jpg
でも滝の写真って、これで結構難しいです。isoを上げて、シャッタースピードを速くして水の動きを止めて写そうとした写真なのですけど、後で見るとiso1600と普段であれば絶対使わない感度で等倍で見れば荒れた画像です。このうす暗い中で水の動きを止めようとするなら劣化は承知の上でisoを上げるしかないです。
_IGP5637.jpg
変わって滝の写真ではよく見る糸が引いたような撮り方をしました。iso100でシャッタースピードは0.5秒です。元画像は荒れていないのでこれで良しとしたいような気がしますけど、これはこれで実際はこうじゃ無いだろ・・・などと思います。そして結局のところは、もうこれでいいだろ。この時はこの時で真剣に撮って、これが自分の腕のすべてなのだと悟りました。
_IGP5644.jpg
なんか話が違う方向に行きましたが、六ツ雁滝からでした。
スポンサーサイト




[タグ未指定]
2293 [ 2020/12/04 21:44 ] 勝浦 | TB(0) | コメント(0)

勝浦市荒川 六ツ雁滝1

勝浦市荒川の大通りを車で走っていたところ水の音がしたので、立ち寄ってみました。
_IGP5711.jpg
明らかに滝なのですけど、
_IGP5677.jpg
上から見てもつまらないです。
_IGP5667.jpg
_IGP5784.jpg
この時は水量が多かったです。
_IGP5760.jpg
振り返り上流部分です。
_IGP5742.jpg
下流部分を見ればもしかしたら滝が見えそうな場所がありました。次回に載せます。
_IGP5725.jpg
それと気になったのは、
_IGP5840.jpg
この黒い部分で穴ではなくて、掘った道のようになっています。残念ながらここは調べませんでした。
_IGP5847.jpg
この滝は六ツ雁滝と言います。かつては雨降滝と呼ばれたそうです。千葉県に多い川回しの滝です。地図で見ると川回しと言うよりも湾曲している元の川をショートカットで最短距離にしたような形になっています。
次回はこの滝がよく見える場所からのものをやります。

いつの間にか滝を続けて載せています。このままずーっと滝をやろうかとも思いましたが、そういったしばりを自分でつくると後が面倒になるのが分かっています。やはりその時の気分次第で行くことにします。

[タグ未指定]
2292 [ 2020/12/03 22:31 ] 勝浦 | TB(0) | コメント(0)

勝浦  鳴海神社

前回の旧鳴海荘跡地という名の市営駐車場から海の逆に目を向ければ、神社が見えました。
IMGP0620_.jpg
IMGP0617_.jpg
これは見てみたくなり、迂回して登ってみました。道すがらは桜だらけです。海沿いの高台のここに桜は、その季節はさぞ気分のいい所だと思います。しかしながら今回の写真は2014年10月末のものです。現在はどうなっているのかは分かりません。
IMGP0523.jpg
表現は間違っているのかもしれませんが、ただれていない桜の表皮はきれいです。
IMGP0514.jpg
IMGP0528_.jpg
IMGP0554_.jpg
上まで登ってきました。
IMGP0564.jpg
この神社は江戸時代の領主植村土佐守泰忠の建立だそうです。
IMGP0591.jpg
IMGP0581.jpg
それにしても特に何があるわけではないですけど、気分のいい所だと思いました。
IMGP0604.jpg
IMGP0566.jpg
まだまだ少ない勝浦の掲載回数です。これからも隙を見ては載せていこうかと思います。

[タグ未指定]
2218 [ 2019/12/25 06:32 ] 勝浦 | TB(0) | コメント(0)

勝浦 旧鳴海荘跡地

勝浦市勝浦の海のほうから上に登っていくと、こんな風になっていました。
IMGP0449.jpg
これはなんでしょ。で
IMGP0434.jpg
もう少し上に行くと石碑があります。
IMGP0455.jpg
旧鳴海荘跡地と書いてありました。旧鳴海荘とは何なのか分かりませんです。
IMGP0413.jpg
石碑には与謝野晶子の歌が書かれています。
IMGP0416_.jpg
グーグルマップを見てみれば植村記念公園ともなっていますけど、市営の行楽用の駐車場ですね。
IMGP0628.jpg
公園らしきものは何もないです。
IMGP0408.jpg
でも見晴らしはいいです。
IMGP0467_.jpg
海の中の鳥居が見えます。
IMGP0484_.jpg
旧遠見岬神社 海の鳥居と言うそうです。
IMGP0471.jpg
次回はこの上にある鳴海神社をやります。

[タグ未指定]
2217 [ 2019/12/20 06:48 ] 勝浦 | TB(0) | コメント(0)

勝浦市部原 瀧口神社

勝浦市部原(へばら)の瀧口神社です。国道128号線沿いの海辺の神社です。撮ったのは2017年の3月でまだ芝が枯れています。
鳥居が二つあります。
IMGP9848.jpg
二番目の鳥居です。
IMGP0082_2.jpg
IMGP9858.jpg
振り返れば海が見えます。
IMGP0027.jpg
そして神社は石垣で少し高い場所にあります。
IMGP9863.jpg
IMGP9884.jpg
IMGP9904_.jpg
彫り物は所々に見るべきものがあります。
IMGP9928_2.jpg
IMGP9992_.jpg
しかし全体で見るとシンプルなつくりだと思います。
IMGP9909.jpg
ちょっと脇にある高台に登ると、白い鳥居があります。
IMGP0036.jpg
そこにはこれも謂れのありそうな物がありましたが、ここでは
IMGP0041.jpg
海を写します。
IMGP0058_.jpg
きれいな海なのですけど、この電線が無ければいいのに・・・・とそんな事を言ってはだめでよね。ここお住まいの人の電線ですね。失礼しました。
IMGP0061.jpg
神社と言えば大体は山の中で深い森の所が多く、暗い森に所々に強い日差しが入り込んだりして、撮るのが難しい被写体です。だから真剣に撮るのですけど、ここはそれとは違い開放的でいいです。海もすぐ近くだし気が楽になになりました。

[タグ未指定]
2201 [ 2019/10/04 00:10 ] 勝浦 | TB(0) | コメント(0)
カテゴリ
月別アーカイブ