千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2

夢の続きはまだありました。旧ブログはこちら

ブログランキング参加中。クリックしてもらえると幸いです。 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉(市)情報へ


見知らぬ土地での朝焼け

タイトルの通り、知らない場所で撮った朝焼けです。縮小ソフトにかけたら色は派手に、そして暗くなりました。
IMGP6653.jpg
ここの所、続けていた千葉県の太平洋側を一段落させて、違う展開にしようと毛色の違う写真を一枚だけ貼ります。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
2039 [ 2017/10/18 01:03 ] 未分類 | TB(0) | コメント(0)

旭市見広城址

旭市見広の雷神社横に見広城跡の看板があったので行ってみました。
IMGP7918.jpg
IMGP7923.jpg
うまく撮れてはいないけど、両側に槇のこの道がいいなと思いました。
IMGP7932_.jpg
突き当たりにまた看板がありましたので、あんな素通りに左折しました。
IMGP7952_.jpg
そうしたらこの説明書きがありました。それによると永禄年間、里見氏臣下正木時忠に攻められ落城した、嶋田三河守忠廣、義廣の居城と伝えられているそうです。
IMGP7958.jpg
更に進むと石碑がありました。
IMGP7987.jpg
史跡 見広城址とかいてありました。
IMGP7982_.jpg
地形は複雑で城址っぽいですが、ここに建物があったとは思えないような狭い敷地でした。
IMGP7995.jpg
他になにか無いかと探せば、
IMGP7993.jpg
こんな石碑がありました。何か書いてあるわけではなかったので遠巻きからの写真で失礼します。
IMGP8008_.jpg
やはり未知の場所って楽しいです。探検している気分になります。もちろん本格の探検などは私には無理なんですけどね。
旭市見広これで終わります。

[タグ未指定]
2038 [ 2017/10/14 04:42 ] | TB(0) | コメント(0)

旭市見広 雷神社の森

旭市見広の雷神社境内には大きな木々がありました。
IMGP7812_.jpg
どれ位大きいのかと問われればよく分かりませんが、とにかく大きいです。
IMGP7874.jpg
下を見れば、結びの樹の目印がありましたので、行ってみます。
IMGP7816.jpg
どうやらこれが結びの樹のようです。
IMGP7837.jpg
スダシイと杉がくっついて生えています。
IMGP7833_.jpg
接地面はこんなで、かなり珍しいのでないかと思います。
IMGP7845.jpg
IMGP7850.jpg
森の中の神社とは気分がいいもので、写真を撮ったのは、まだ虫が少ない時期、5月の時でしたので、大変気分が良い所でした。
IMGP7865.jpg
さて、移動しようかと思えば、
IMGP7909.jpg
見広城跡の看板を見てしまったので、頭がゆるくなっている私は、もう行くしかありません。
次回は見広城跡です。

[タグ未指定]
2037 [ 2017/10/12 23:42 ] | TB(0) | コメント(0)

旭市見広 雷神社

今年2017年5月の事です。何かいいものは無いかと車を走らせていた所、雷神社の看板を見つけました。とにかく自分が興味のある場所に行って写真を撮ってきているので、いつもの行き当たりばったりで、取りあえず行ってみました。
IMGP7659.jpg
すると鳥居があったのですが、もしかして、もしかしてたまにある、はったりだけの神社??と思えばさにあらず
IMGP7665.jpg
道を進めば、大きい木々の中に神社がありました。
IMGP7719.jpg
IMGP7725_.jpg
IMGP7728_.jpg
IMGP7750.jpg
景行天皇が、伊勢国の能褒野で崩御した皇子日本武尊を追慕して東国巡幸をした折、椿海の東端に一社を造営東海の鎮護としたことが当社の始まりとされ、その後下海上国造に任じられた久都伎直が、自らの祖神である天穂日命を奉祀したものと伝えられている。延暦12年(793年)には、賀茂別雷神社より「別雷命」を勧請して配祀し、桓武天皇より「雷大神」の称号を賜ったといわれている(wikiから抜粋)
そしてその景行天皇とは、西暦101年~130年の在位。桓武天皇は西暦781年~806年の在位てすので歴史は大変古い神社です。
IMGP7768.jpg
社殿横の建物に綺麗なお神輿がありました。
IMGP7800.jpg
しかし、どう撮ってもうまく撮れず社殿と重なってしまいます。これはもうお神輿と社殿を混ぜてしまえとした写真です。
IMGP7806.jpg
ここは森が良かったです。
IMGP7744.jpg
ですので、次回は雷神社の森をやります。

[タグ未指定]
2036 [ 2017/10/09 05:21 ] | TB(0) | コメント(0)

銚子市三崎町から見た屏風ヶ浦

銚子ドーバーラインこと千葉県道286号愛宕山公園線の三崎町に
IMGP8057.jpg
こんな下に行ける道がありました。
IMGP8066.jpg
下まで行けば、屏風ヶ浦です。この写真はやや黄色がかっています。今のカメラだとたまに黄色が強く出ることがあります。
IMGP8072.jpg
飯岡刑部岬のほうは逆光ともやで、ろくに写りませんでしたので、
IMGP8093.jpg
銚子マリーナのほうを載せます。
IMGP8109.jpg
IMGP8102.jpg
屏風ヶ浦には今まで何度か来たことがあるものの、何故か興味が湧かず写真を撮らずに引き返した事もありましたが、そんな事ではいかん。だからだめなんだと、これまた何故かこの時は思ってじっくり崖を見てみました。すると思ったよりも派手な縞模様であったこと、そして何より硬い岩かと思っていたら、爪で引っ掛けるくらいの柔らかい砂の堆積だったのに驚きました。こうなると意味不明のフィルターが取れた気がして屏風ヶ浦のメインであろう銚子マリーナからの遊歩道も最後まで歩いてみました。その写真またいつの日か載せられればいいと思います。
IMGP8136.jpg
そして銚子の海と言えば、気になるのはこの海中にあるアンテナです。しかし調べるのが不謹慎??なほどの酔い具合なので、もう分かりません。
IMGP8121.jpg
ここの所、意図的に太平洋側を載せてまいりましたが、このままずーっと続けてもいいし、そろそろ他県もやろうかとかといつものように惑うのでした。
そう言えば今年9月に栃木県に行ったです。6月の群馬県も一回もやってない。昨年の三浦半島も載せていなかったです。どんどん周回遅れの人生もまた楽しです(実は何も楽しくない) ではまたー~♪

[タグ未指定]
2035 [ 2017/10/07 06:56 ] 銚子 | TB(0) | コメント(0)
カテゴリ